Icon loading md
6364369 full 2d4befed 83fa 4edb a830 585907fed6c1
喫茶店からサードウェーブまで——コーヒーで巡る「虎ノ門散歩」
HILLS LIFE DAILY
2018.03.29 06:00
虎ノ門で紡がれたコーヒー文化
日本におけるコーヒーのはじまりは明治時代に遡る。明治21年に鄭永慶が、上野に日本初の喫茶店「可否茶館」をオープンしたが3年足らずで閉鎖。その20年後、明治41年より日本からブラジルへの移住が始まり、合計14,886人の日本人が太平洋を横断した。そして、その多くがコーヒー栽培の仕事についた。ブラジル政府は日本の功績を讃えるため、日本の「皇国殖民合資会社」にコーヒー豆を無…

関連コンテンツ