『エクソフォニー 母語の外へ出る旅』多和田葉子(岩波現代文庫) 選・文/LVDB BOOKS - Book 108 | & Premium (アンド プレミアム)
&Premium[本]
2018.03.23 00:00
多和田葉子は22歳の時にドイツに渡った。彼女は文字通り日本語とドイツ語の境界を行き来するようなスタイルを築き上げた。1991年に群像新人文学賞を受賞するが、驚くべきはそれに先立ちドイツですでにドイツ語の小説を発表していたということ。日本語の小説家である以前にドイツ語の小説家であった。彼女の言語観を如実に反映する2003年に発表された『エクソフォニー』というエッセイ集には「母語の外へ出る旅」という副…

あわせて読みたい

『ODESSEY 1966~2005 岡田史子作品集 episode 1ガラス玉 増補新装版』岡田史子(復刊ドットコム) 選・文/LVDB BOOKS - Book 111 | & Premium (アンド プレミアム)
&Premium[本]
『SET (Revised Edition)』Na Kim(Roma Publications) 選・文/LVDB BOOKS - Book 110 | & Premium (アンド プレミアム)
&Premium[本]
祝・全米図書賞受賞! いま読むべき作家、多和田葉子の魅力とは?
GQ JAPAN
“言葉”について考える。多和田葉子さん『地球にちりばめられて』に注目! 【オススメ☆BOOK】 
DAILY MORE
『境界線13』頭山ゆう紀(赤々舎) 選・文/LVDB BOOKS - Book 109 | & Premium (アンド プレミアム)
&Premium[本]
母国、母語とは? 故郷を失った女性が辿る越境の物語。
madame FIGARO.jp
町田 康の併読本のススメ|テーマは「言語」
婦人画報
「早期英語教育」には母語教育が必須? 元NHKアナの意見は… | ananweb - マガジンハウス
anan web
母語を守れ、少数民族活動家が焼身自殺 ロシア・ウドムルト共和国
AFPBB News オススメ
ベルリンを舞台にした多和田葉子の短編集『百年の散歩』。
madame FIGARO.jp
5歳にして3カ国語操る子供──マルチリンガルだらけ、スイス人家庭の実態とは - 岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト) for WOMAN
Newsweek
めちゃくちゃ日本語がうまい外国人に、どうやって日本語を覚えたか聞いてみた!
LIVE JAPAN
外国人材への日本語による日本語教育の限界 - 冷泉彰彦プリンストン発 日本/アメリカ 新時代
Newsweek
おうち時間は「旅する」読書——森美術館キュレーター4人が選ぶ珠玉の7冊
HILLS LIFE DAILY