Empty
6336984 full c842af57 26de 4c07 8caa 75486caf556f
ハレ(HARE)2018-19年秋冬コレクション - 混沌の中に隠れたジャポニズム
FASHION PRESS[ファッションニュース]
2018.03.22 21:30
ハレ(HARE)の2018年秋冬コレクションが、「Amazon Fashion Week TOKYO 2018 A/W」4日目の2018年3月22日(木)、東京・文化服装学院で発表された。今季のテーマは「ミクスチャー」今季のコレクションのテーマは「ミクスチャー(交錯する)」。本来ストリートスタイルをベースとするブランドのウェアに、ブリティッシュ・ジャポニズム・パンクの3つのキーワードを落とし込んで…

あわせて読みたい

Empty
キディル 2018年秋冬コレクション - 英国のパンクカルチャーに憧れて
FASHION PRESS[ファッションニュース]
Empty
ゴールデンベアから大人のポロシャツ2モデル
モノ・マガジン
Empty
アツシ ナカシマ 2017年秋冬コレクション - 細分化される再構築と心地よいジャポニズムの風
FASHION PRESS[ファッションニュース]
Empty
ミルクボーイ 2016年夏コレクション - ロックスタイルを究極のジェンダーレスへ
FASHION PRESS[ファッションニュース]
Empty
HARE 2018年春夏コレクション - 混沌とした現代の霧の中で、自己表現する強い意志
FASHION PRESS[ファッションニュース]
Empty
HARE 2020年春夏メンズ・ウィメンズコレクション - 日本の“ハレの日”に向けて
FASHION PRESS[ファッションニュース]
Empty
ヒロコ コシノ 2020年秋冬コレクション - “混沌と整然”が両立する、新しいパンクの世界
FASHION PRESS[ファッションニュース]
Empty
ハレ(HARE) 2019年春夏コレクション - 自由へと導く“スクエア”の連続
FASHION PRESS[ファッションニュース]
Empty
ニール バレット 2019年秋冬メンズコレクション、アジアの空気を添えたパンクスタイル
FASHION PRESS[ファッションニュース]
Empty
メゾン ミハラヤスヒロ 2019年秋冬コレクション - “楽しい洋服”は自由なスピリットから生まれる
FASHION PRESS[ファッションニュース]
Empty
キディル 2020年春夏メンズコレクション - 英国ゴシックパンクの空気を感じて
FASHION PRESS[ファッションニュース]
Empty
ベッドフォード 2019年秋冬コレクション、捻りから生まれる新しいワードローブのかたち
FASHION PRESS[ファッションニュース]
Empty
パリ 2016-17年秋冬メンズコレクション総まとめ - 最新ウェア&小物を紹介
FASHION PRESS[ファッションニュース]
Empty
HARE(ハレ)がRakuten Fashion Week TOKYOで2020春夏コレクションを発表!
PR TIMES