本格フレスコなら個性派スーツもパリッと見える
MEN'S EX
2018.03.06 04:00
強撚糸を平織りでざっくり仕上げた生地は、春夏服地の代表格だ。今季のイセタンメンズ…

あわせて読みたい

三越伊勢丹の山浦バイヤーが語る「スーツの二極化」とは?【最新スーツ座談会】
MEN'S EX
ウール開発の名門から誕生した軽量シリーズ「レダ アクティブ」とは?【NEXTILE Vol.10】
MEN'S EX
洒落者が絶賛する「コヒーレンス」のコート、その魅力とは?
MEN'S EX
【初夏のニットの着こなし③】アクセントになるニットベスト
GOETHE
フレスコの奥行きがあれば、基本の紺&グレーも色気豊かに。
MEN'S EX
春から初夏までサラリと着られるウィリアム ハルステッドのスーツ生地とは?【NEXTILE Vol.8】
MEN'S EX
【特集・勝負服】ビジネスパーソンの勝負スーツとは?<ブラウンカラー編>
GOETHE
グイッと伸びてしっかり復元する!「トレーニョ1900」の「3Dウール」とは?【NEXTile Vol.7】
MEN'S EX
イタリアの老舗「VBC」のスーツ生地、「ビジネスで長く愛せる」2傑はコレ!【どうしても欲しいスーツ】
MEN'S EX
生地から考えるNEXT STYLE「ラテッリ・タリア・ディ・デルフィノ」【NEXTILE Vol.3】
MEN'S EX
「ブライスランズ」で体験できる、"古き良き"クラシックのオーダーとは?
MEN'S EX
贅沢で喜びを感じるオーダスーツの魅力
MEN'S Precious
実は、あの店でスーツをオーダーすると「こんないいこと」が!
MEN'S EX
肩肘張らないスーツ&ジャケットStyleには"ニッポンの反染め"のヌケ感が効く
MEN'S EX