オリンピックが浮き彫りにする「表彰」の魔力
東洋経済オンライン
2018.02.16 13:00
平昌五輪では連日熱戦が繰り広げられている。どの五輪でもそうだが、表彰台を目指す選手たちのモチベーションにはすさまじいものがある。このモチベーションの源泉は何なのか。また企業などで、従業員・スタッフの「ヤル気」向上に応用できないのか。『表彰制度』(日本表彰研究所と共著)などの著書がある太田肇氏が解説する。

■メダルの魔力に魅入られた人たち

日本人選手の相次ぐメダル獲得で、平昌オリンピックは盛り上…

あわせて読みたい

事件当時23歳のあの人も現在47歳…映画『アイ、トーニャ』の主人公が米で炎上しているワケ
FRONTROW
ドーピング問題でクリーンだった日本。近年、違反者が増えている背景は……。
NumberWeb[その他]
『アイ、トーニャ』は悲しくて笑える。アメリカ下層階級とフィギュア界。
NumberWeb[その他]
23年前に“銀盤の悪女”と呼ばれたフィギュアスケーターの真の姿とは? ──伝記映画『I, Tonya』の予告編が公開
GQ JAPAN
前代未聞のドーピング事件から考える「勝利の呪い」と依存症の恐怖
現代ビジネス
トーニャ・ハーディングの告白|リレハンメル五輪直前の“あの事件”から24年
COURRiER Japon
米フィギュア界で起きた実話を描く『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』 古川ケイの「映画は、微笑む。」#48
DRESS
北京五輪ジャマイカリレーチームのメダルはく奪! 意外と知らないオリンピック失格の理由
GetNavi web
【試写会プレゼント】『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』は、アカデミー賞ノミネートの熱演にご注目!
HOUYHNHNM
北京五輪レスリング「銅」湯元健一氏 薬物で2位選手「銀」剥奪に複雑胸中
東スポWeb
厳しさ増す、平昌五輪以降のスポーツ界のアンチドーピング事情
Tarzan
東京五輪の前に、ロンドン五輪の結果が待ち遠しい - コリン・ジョイスEdge of Europe
Newsweek
冬季五輪からのロシアの締め出しで、「ドーピング問題」は一掃できるのか
WIRED
平昌五輪前に知っておきたい「ドーピングが今もなくならない理由」
現代ビジネス