Icon loading md
6175156 full 53fa9aed ee3d 4b3b a0a8 aabf8865bff4
「ゾンビ施設」増殖で地方は大変なことになる
東洋経済オンライン
2018.02.13 08:00
空き家になるのは住宅ばかりではない。公共不動産の空き家化や、低利用・未利用化が目立つようになってきている。人口減少や少子高齢化はもちろん、市町村合併で不要になる庁舎が増えているほか、年間500校が廃校になっている影響で「空き校舎」も激増している。

注目を集める活用例も出てきてはいるものの、放置される物件は数多くある。公共施設が増加したのは1970年代で、多くが耐用年数を迎えている。自治体によって…

関連コンテンツ