新年早々炎上した「黒塗りメイク問題」は、日本のお笑いがさらに発展する絶好の機会である
HARBOR BUSINESS Online
2018.02.02 08:45
 12月31日に放送された『絶対に笑ってはいけない アメリカンポリス24時!』(日本テレビ系)の中で、ベッキーが女性キックボクサーに尻を蹴り上げられたこと以外に、もう一つ放送後に議論が交わされる問題となったシーンがあった。 それは、ダウンタウンの浜田雅功が顔を黒く塗って映画『ビバリーヒルズ・コップ』のエディ・マーフィに扮した場面である。
 ベッキーへの尻蹴り問題を、お笑い評論家として、さまざまなメ…

あわせて読みたい

浜田雅功の“黒塗り”に次いでH&Mも。広告が黒人差別だと大問題に
女子SPA!
「黒塗りメイクは世界では人種差別行為だ」
東洋経済オンライン
大物司会者、20年前の“ものまね芸”を再び謝罪「黙ってろと言われたが…」
女子SPA!
有名ファッション誌「黒塗りメイク」の表紙に批判殺到。モデルもSNSで謝罪
女子SPA!
渡辺直美主演ミュージカルが“黒塗りメイク”無しを決定。東宝に経緯と今後を聞いてみた
女子SPA!
ウーマンラッシュアワー・村本大輔は社会風刺芸人なのか否か
HARBOR BUSINESS Online
たかまつなな「なにも言えない社会になってしまう前に」
現代ビジネス
アフリカ少年が見たニッポン・話題の漫画作者が差別について思うこと
現代ビジネス
日本のお笑い芸人による「差別ネタ」炎上続く。外国人はどう見たか?
HARBOR BUSINESS Online
ウーマン村本×パックン「カウンターパンチは全部ありだと思う」
Newsweek
ケイティ・ペリー、デザインした靴が「人種差別的」と非難され謝罪
FRONTROW
ベッキー「タイキック」問題についても、ズバリ松本人志さんに聞くべき<北条かや> 
HARBOR BUSINESS Online
『アメリカズ・ゴット・タレント』の「差別クビ」騒動、“ブラック職場”にセレブからも批判集まる
FRONTROW
バージニアの止まらない顔面「黒塗り」スキャンダル(パックン) - パックンの風刺画コラム Superpower Satire (USA)
Newsweek