東京の中心で、地元愛をさけぶ:プライド高き横浜出身商社マンを落とす、キラーフレーズ
東京カレンダー
2018.01.26 05:06
「東京は所詮、田舎者の集まりだ」

時に揶揄するように言われるこの言葉。

たしかに東京の中心部には、様々な「田舎」や「地元」を持つ者があふれている。

遠く離れた地方出身者はもちろん、東京出身者でさえ「地元」への想いを抱えている。

あなたにとっての、「地元」とは?

【今週の地元愛をさけぶ男】

名前:亮太
年齢:27歳
職業:総合商社勤務
年収:1,000万
出身地:横浜
現在の居住地:青山…

あわせて読みたい

「“付き合おう”なんて必要ですか!?」ルールに囚われない男の、独特な恋愛観
東京カレンダー
「男は外見より、肩書き」。Instagramで高級店ばかり投稿する名古屋嬢の本音
東京カレンダー
「男性には、尽くす文化やけん♡」なのに食事会で割り勘されたら即帰宅する、博多女子の魔力
東京カレンダー
エリートでなければ人でない ?学歴至上主義の埼玉県民、ダサイタマなんて言わせない
東京カレンダー
東京に染まってしまった者たちが、思いを語る「東京の中心で、地元愛をさけぶ」総集編
東京カレンダー
女性に「ウマい」なんて言ってほしくない。結婚願望強めな、神戸・山の手育ちのお坊ちゃま
東京カレンダー
「練馬区より、ハワイの方が近い」と豪語する、青山で生まれ育った経営者の悲哀
東京カレンダー
中庸の幸せを知っている千葉県民は、年収3,000万の男より年収1,200万の商社マンを好む
東京カレンダー
コンプレックスの表れ?道産子がクールな慶應BOYに、異様なまでの憧れを抱く理由
東京カレンダー
結婚するなら「物欲がない男」に限る?“夫偏差値”高めな墨田区男子との、価値観を変えられた一夜
東京カレンダー
美人な親友が、ずっと邪魔だった。“いい子”の仮面をかぶった女の恐ろしい復讐劇
東京カレンダー
代理店女子マリア:一般職を見下し、自分のプライドを保つ。キャリア女子の腹の底
東京カレンダー
共感?意外?「この人、東京っぽい…!」と感じる瞬間
CanCam.jp
「郊外の平凡サラリーマンなんて、眼中になかった」外資OL27歳が、お見合い結婚した理由
東京カレンダー