どうする?高齢者を雇用するときの労務リスク管理
All About
2018.01.24 09:45
「65歳定年制」へ続々と移行する企業


65歳定年が主流になりつつある


ロイター企業調査によると、今後定年を65歳以上に引き上げる可能性がある企業が52%と過半数を占めています。

「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(高齢者雇用安定法)の改正に伴い、以下のような企業もその対応を開始しています。

■株式会社すかいらーく
社員が安心して働ける制度のひとつとして、65…

あわせて読みたい

「70歳まで就業」現実化で、あなたが今こそ意識すべきことは何か - News&Analysis
ダイヤモンド・オンライン
「70歳定年」で30~40代の昇進が絶望的な理由
東洋経済オンライン
65歳を超えても「働ける人」「働けない人」の境界
東洋経済オンライン
経営者側は「60歳定年後も働く人」をどう考えている?
All About
韓国では65歳、日本では70歳、定年延長の議論が本格化 - 金 明中(キム・ミョンジュン ) 韓国を読み解く
Newsweek
年収は半減?60歳定年後も働く人たちの現状
All About
コロナ禍の勤務「労災」が下りる人、下りない人
東洋経済オンライン
コロナ禍で地震が起きたら…「複合災害対策マニュアル」6つのポイント - コロナから会社を守るBCP
ダイヤモンド・オンライン
看護師の無料電話相談、救急通報にも対応!デジタルな見守りサービス「セコムみまもりホン」
Sumai
健康経営で大切にしているのは「あたり前のことを丁寧に。基本に忠実に取り組む。」。「産業医サービス」を導入した株式会社バンダイナムコビジネスアークの産業保健活動
PR TIMES
50代必見!定年過ぎても会社に残れる人・評価される人
All About
誰が得する?「ストレスチェック」の落とし穴
東洋経済オンライン
「65歳まで全員雇用」で企業、個人はどうなる
東洋経済オンライン
労災を認めない会社とどう戦う? 現役産業医が語る「ブラック企業」との戦い方<産業医に聞け!>
HARBOR BUSINESS Online