「ふたつのゴッホ」が京都に大移動⁉︎冬の京都でゴッホの絵を堪能しよう
Precious.jp
2018.01.20 07:00
多くの日本人が愛する洋画家、ファン・ゴッホ(1853〜1890年)。東京で大盛況となった美術展『ゴッホ展 巡りゆく日本の夢』と全編が動く油絵で構成された映画『ゴッホ〜最期の手紙〜』が京都にやってきます。『ゴッホ展 巡りゆく日本の夢』は、京都国立近代美術館で開催。映画『ゴッホ〜最期の手紙〜』はイオンシネマ久御山をはじめとした京都の映画館で公開。この機会にぜひ、冬の京都でゴッホを堪能してみてはいかがで…

あわせて読みたい

週末のお出かけは決めた?東京都美術館で開催中の『ゴッホ展』の見所
Sheage
antenna*
一秒も目が離せない!動く油絵で描く「ゴッホの人生」
Sheage
ゴッホの夢とは、死の真相とは? 天才画家の謎に迫る3つのメディア
DRESS
日本美術とファン・ゴッホ。互いに憧れ続けた関係を作品や資料でたどる「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
OZmall
【後編】狂気と情熱の天才画家、ゴッホのアラフォー時代
OCEANS
ゴッホの幻の作品を日本人画家が復元に挑戦!
IGNITE[トレンド]
ゴッホの作品を見る眼が変わる…原田マハ著の1冊とは
GINGER
もっと映画が観たくなる! 今月のオススメCINEMA3選
@BAILA
吉岡里帆が欧州をめぐり、ゴッホの足跡をたどる旅へ。日本を愛した作品の数々に「涙が出ました」
TVガイド
ゴッホが見た世界を、映画作家シュナーベルが描いた、『永遠の門 ゴッホの見た未来』。
madame FIGARO.jp
二人の巨匠が夢の共演!対照的な表現と友情の軌跡を辿る貴重な展覧会「ゴッホとゴーギャン展」が開催中
ことりっぷ
「ゴッホ展」東京&兵庫で開催 - ゴッホ独自の作風に導いたハーグ派&印象派との出会い
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
ゴッホ最後の作品《木の根と幹》が描かれた場所を特定。「非常に信憑性高い」
美術手帖