「100円稼ぐのに10万円も掛かる路線」がある
東洋経済オンライン
2017.11.02 08:00
前回記事(JR東日本の新幹線「一番稼げる」のはどこか)では、JR北海道とJR東日本の2社について、営業係数を試算した結果を紹介した。今回はその続編として、JR東海とJR西日本の2社についての試算をお目にかける。

100円の収入を上げるために要した費用を示す指標である営業係数は、JR各社全体の数値までは公表されたデータから導き出せる。さらに各路線の営業係数を試算するには、収入と費用とを一定の考え方…

あわせて読みたい

大手私鉄で「最も儲かっていない」路線は?
東洋経済オンライン
100円稼ぐのに1224円必要な鉄道があった!
東洋経済オンライン
赤字転落も?JR本州3社の20年度「鉄道収支予測」
東洋経済オンライン
銀座線や井の頭線…「稼げる路線」の共通点
東洋経済オンライン
「最も儲けている地下鉄」はどこか、全国各都市の地下鉄「営業係数」を独自試算!
東京カレンダー
JR本州3社の決算にも爪痕、台風や豪雨が鉄道事業者の収益を削る - News&Analysis
ダイヤモンド・オンライン
「いちばん儲けている地下鉄」はどこの路線か
東洋経済オンライン
在来線の値上げも!? 4180億円という民営化後最大の赤字に転落するJR東日本の惨状
ITmedia ビジネスオンライン
同じ距離で違う金額「特急料金」は明朗会計か
東洋経済オンライン
JR大手3社、好調な業績の裏で練る戦略
東洋経済オンライン
通勤電車や新幹線がやたらと混んでいるのはなぜ? - 加谷珪一 経済ニュースの文脈を読む
Newsweek
コロナショックで「悲惨」だったJR決算、大打撃の中身
現代ビジネス
東京人の知らない名古屋「着席通勤」の実態
東洋経済オンライン
コロナで駅利用者8割減も、減収から経営難もありうる鉄道事業者の今後 - News&Analysis
ダイヤモンド・オンライン