Icon loading md
大切な人との時間を過ごす、2人の空間を叶えるドライブデートがいい!
Honda Cars
2017.11.11 00:00
恋人や家族との大切な時間は、クルマで過ごす時間も快適に過ごしたいもの。
男性にも女性にも嬉しいポイント満載の、快適なドライブにおすすめしたいクルマHonda『STEP WGN SPADA(ステップ ワゴン スパーダ)』をご紹介します。

〜 快適な乗り心地&カッコイイデザイン 〜

大きな見た目のHonda『STEP WGN SPADA HYBRID』ですが、ハイブリッドでその走りはとても軽やか。アクセルを軽く踏むだけでも、スーッとスムーズに走り出し加速します。
そして、一新されたデザインに注目。ヘッドライトがシャープになって、フロントグリルは端正に。まさに“カッコイイクルマ”に乗りたい人に、一度見て欲しいデザインです。

〜 大きな荷物も安心の荷室&便利な“わくわくゲート” 〜

後席は、ワンタッチで軽々と座席をしまうことができ、フラットな荷室をつくることができます。買い物やたくさんの荷物を積み込むアウトドアにはもってこいです!
そして、横開きが可能なテールゲート“わくわくゲート”は、ドアを開けるようにサッと後ろから荷物を積んだり、そのまま乗り込んだりできる便利な機能。駐車スペースでは、後ろが狭いところも多いので、横開きにできるテールゲートは重宝します。

〜 大切な人を乗せるから。ドライバーの強い味方Honda SENSING 〜

大切な人たちの命を預かるからこそ、心の余裕を持って運転したいもの。そんなドライバーの心強い味方になってくれるのが、さまざまな運転のシーンをサポートしてくれる、先進の安全運転支援システムHonda SENSING(ホンダ センシング)。
クルマが車線を外れそうな場合、ステアリング振動と表示で警告して、車線内に戻すよう操作を支援してくれる路外逸脱抑制機能や、見逃しがちな標識もディスプレイに表示してくれるため、より安全運転を意識できる標識認識機能など、Honda『STEP WGN SPADA』では、8の機能でサポートします。

[今回の車両:STEP WGN SPADA HYBRID G・EX Honda SENSING (FF / 7人乗り) オプション装着車]

<8の機能がついたSTEP WGN SPADAのHonda SENSINGについて>

●ぶつからないために
衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉
車両や歩行者を検知し、衝突の危険がある場合に音とマルチインフォメーション・ディスプレイの表示で警告。緊急時には、自動で強いブレーキをかけて衝突回避・被害軽減を図ります。
CMBS:Collision Mitigation Brake System
●飛び出さないために
誤発進抑制機能
前方に障害物があるにも関わらずアクセルペダルを踏み込んだ際、エンジン出力を抑制して急発進を防止するとともに、音とマルチインフォーメーション・ディスプレイの表示で警告します。
●歩行者に配慮
歩行者事故低減ステアリング
約10km/h〜約40km/hで走行中に車線を外れ、路側帯の歩行者と衝突しそうな際、音とマルチインフォメーション・ディスプレイの表示で警告。ステアリングも制御して回避操作を支援します。
●はみ出さないために
路外逸脱抑制機能
車線を外れそうな際、マルチインフォメーション・ディスプレイの表示で警告し、さらにクルマを車線内へ戻すようにステアリング操作を支援。また逸脱量が大きいと予測される際はブレーキも併用して、逸脱しないように支援します。
●適切な車間距離を保つために
渋滞追従機能付(※)ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉
前走車がない場合は、設定した車速を自動で維持し、前走車がある場合は自動で加減速をし、適切な車間距離を保つよう支援します。前走車が停車すれば合わせて停車する渋滞追従機能付(※)。
※渋滞追従機能はハイブリッド車のみとなります。
●ふらつかないために
LKAS〈車線維持支援システム〉
高速道路など、中・高速走行時、単眼カメラで車線を捉え、車線の中央に沿って走れるようステアリング操作をアシスト。車線を外れそうな際には、マルチインフォメーション・ディスプレイの表示とステアリング振動で注意を喚起します。
LKAS:Lane Keep Assist System
●発進をお知らせ
先行車発進お知らせ機能
前のクルマが発進したことを、音とマルチインフォメーション・ディスプレイの表示でお知らせします。
●みのがさないために
標識認識機能
走行中に道路標識を認識してマルチインフォメーション・ディスプレイに表示し、安全運転を支援します。

■各機能の能力には限界があります。各機能の能力を過信せず、つねに周囲の状況に気をつけ、安全運転をお願いします。各システムは、いずれも道路状況、天候状況によっては、作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合があります。

■衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉は、約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車両(二輪車や自転車等を除く)に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。対向車両(二輪車や自転車等を除く)と歩行者に対しては、自車が約80km/h以下で走行中の場合に作動します。

■誤発進抑制機能は、停車時や約10km/h以下で走行中に、自車のほぼ真正面の近距離に車両などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジンやモーターなどのパワーシステム出力を抑制し、急な発進を防止するとともに、音と表示で接近を知らせます。

■歩行者事故低減ステアリングは、約10km/h〜約40km/hで走行中に、システムが歩行者側への車線逸脱と歩行者との衝突を予測した場合に、ステアリング操作による回避を支援します。

■路外逸脱抑制機能は約60km/h〜約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。

■渋滞追従機能付ACCは、0km/h以上で作動します。前方車両に接近しすぎる場合には、ブレーキペダルを踏むなどして適切な車間距離を保ってください。ACCは、約30km/h以上で作動します。急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路などを運転するときに使用してください。

■LKAS〈車線維持支援システム〉は、約65km/h以上で作動します。

※Honda SENSING搭載車種一覧表はこちら
http://www.honda.co.jp/hondasensing/common/pdf/HondaSENSING_list.pdf

関連コンテンツ