うつわディクショナリー#18 8つの色彩で益子の焼物のいまを描く陶芸家・寺村光輔さん
madame FIGARO.jp
2017.10.26 11:00
益子に伝わる伝統の色を現代の暮らしのうつわに
いまから10年前、焼物の町・益子で独立し初めて窯焚きをしたその日からずっと、この土地の伝統的な釉薬と地元の土だけを使ってうつわを作り続けている寺村光輔さん。自分の足元にある材料に信頼を寄せることで生まれるうつわは、なんともいえない安心感を持つ。—寺村さんといえば、一貫して益子の伝統的な釉薬を使ってうつわ作りをしていますね。どの色味もしっとりと落ち着…

あわせて読みたい

うつわディクショナリー#09 高島大樹さんがうつわを作る理由
madame FIGARO.jp
日々の生活に欠かせない暮らしの道具「焼物」うつわの基礎知識
Discover Japan
うつわディクショナリー#59 古くて新しい白磁。山本亮平さん、ゆきさんのうつわ
madame FIGARO.jp
料理上手さんは持ってる。美味しそうに見せる「紺色の皿」特集
Sheage
食卓をセンスアップする、人気作家24人のうつわ。
madame FIGARO.jp
栃木県・益子町「岡本芳久さんの柿釉」高橋みどりの食卓の匂い
Discover Japan
うつわディクショナリー#28 なんでもないのに新しい角掛政志さんのうつわ
madame FIGARO.jp
連載:大熊健郎が巡る、日本の職人仕事「民藝」第1回/瀬戸本業窯で見た、民藝の本流
Discover Japan
うつわ好き必見! 都内で益子と笠間の一大イベントがはじまります。
Casa BRUTUS
うつわディクショナリー食堂 #1 ナティーボのイタリア料理をあの人のうつわで
madame FIGARO.jp
佇まいが美しい「一柳京子さんのカプチーノ釉」高橋みどりの食卓の匂い
Discover Japan
ビームス「フェニカ」ディレクターが日本の最高の手仕事が息づく栃木県 益子へ民藝に会いに行く。vol.3
Discover Japan
うつわディクショナリー#65 釉薬に導かれたかたち、三笘修さんのうつわ
madame FIGARO.jp
うつわディクショナリー#70 英国うまれ、日本育ち、山田洋次さんのスリップウェア
madame FIGARO.jp