ネロが憧れた画家ルーベンスは、嫌味なくらい「できる男」だった|ベルギー・アントワープを訪ねて
COURRiER Japon
2017.10.14 17:00
死ぬ前に一度は見たい「あの絵」「パトラッシュ、ぼくは見たんだよ。いちばん見たかった、ルーベンスの2枚の絵を。だからぼくはいま、すごぉく幸せなんだよ……」名作アニメ「フランダースの犬」のラストシーン。主人公の少年ネロはこうつぶやいて、愛犬パトラッシュとともに永遠の眠りにつく。アントワープの聖母大聖堂は、14世紀半ばから170年の歳月を費やして建てられたベルギー最大のゴシック教会で、内部にはバロック芸…

あわせて読みたい

コート下のコーデ
@BAILA
アーティスト MORISAKI WINとしての次なる目標とは!?
UR LIFESTYLE COLLEGE
【しりあがり寿×渡辺晋輔】知れば知るほど、面白い。「ルーベンス展」を攻略する。
クロワッサンオンライン
【アート】国内過去最大規模のルーベンス展が開幕 『ルーベンスぴあ』も発売中!
ぴあ映画生活
新旧アート溢れるバロックの都、アントワープを街歩き
PARIS mag
ルーベンス展を何倍も楽しむための4つの話題。
クロワッサンオンライン
『フランダースの犬』の悲しい終幕の 舞台となったアントワープの大聖堂
CREA
「ルーベンス展ーバロックの誕生」上野・国立西洋美術館で - 作品から見るイタリア・バロック美術
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
「画家の王」ルーベンスとイタリア。その芸術形成のプロセスを読み解く
美術手帖
『フランダースの犬』でもおなじみ。国立西洋美術館で「ルーベンス展―バロックの誕生」が開幕
美術手帖
映画を観ている気分に!? 「ルーベンス展―バロックの誕生」。
クロワッサンオンライン
「王の画家にして画家の王」国内過去最大規模の「ルーベンス展」その内容とは
美術手帖
美しい街並みとおいしいものを満喫するブリュッセルさんぽ
ことりっぷ
ドキッとする乳首も… 衝撃の美ヌードを堪能『ルーベンス展』 | ananweb - マガジンハウス
anan web