Icon loading md
5524845 full c6aa7d29 cdb3 4901 aa20 9dd11db099c3
いよいよクライマックスへ!速報レポート⑦【Augusta Camp 2017】
antenna*
2017.09.23 20:30
いよいよクライマックスへ!速報レポート⑦【Augusta Camp 2017】

めくるめくはったんぴーちゃんワールドの余韻の中、マイペースにステージに登場したのはシンガーソングライター長澤知之。山崎まさよし、岡本定義、あらきゆうこ、さかいゆうとともに、骨太のロックサウンドで1曲披露する。「ありがとう!」と長澤が去った後、ステージのセンターにはキーボードが置かれ、さかいゆうの出番。浜端ヨウヘイ、松室政哉、村上紗由里の3人をコーラス隊に迎え、親友に向けて書いたという「君と僕の挽歌」を情感豊かに歌い切る。
5524845 zfzcybxv full bddd39af 408b 4202 b073 da3e550742cd
続いてステージにはスキマスイッチのふたりと秦 基博が登場。ドラムあらきゆうこ、ギターに長澤知之、ベースにさかいゆう、キーボードに浜端ヨウヘイ、コーラスに村上紗由里という編成でスキマスイッチの名曲をセッション。そこに杏子と山崎まさよしも加わり、気温の下がってきたコニファーフォレストのボルテージが一気に上昇する。

杏子がオフィスオーガスタ設立25周年を改めて伝えると、客席からは大きな拍手が。改めて、ひとつの事務所所属ミュージシャンだけでこれだけ多彩なパフォーマンスを繰り広げられるところはほかにないわけで、オーガスタの積み上げてきたものの豊かさに感じ入る。そしてその歴史の最前線にいる松室政哉がデビュー曲「毎秒、君に恋してる」を笑顔で歌い上げる。

いよいよステージはクライマックスへ。福耳全員が並び立つ中、大橋卓弥がお客さんへの感謝を述べる。個性豊かなボーカリストたちがマイクをリレーしながら、痛快に突っ走る。眩い音たちがきらきらと客席に降り注ぎ、本編は終了した。

鳴り止まない手拍子に呼ばれるように、再びステージに帰ってきたメンバーたち。アンコールでは、山崎まさよしが感謝の弁を述べる。「ありがとうございます、オーガスタ25周年になります!25年というと25年前に生まれた子どもが25歳になるという……」そしてオーガスタキャンプの思い出を振り返りつつ、オフィスオーガスタの元社長で現「サイコー顧問」森川氏へ「ジャイアン(森川氏の愛称)、ありがとうー!」と叫んでみせた。

そして、ラストは客席とひとつになって大きく手を振るステージ上のメンバーたち。ボーカリストだけでなくスキマスイッチ・常田真太郎も歌ったりしながら、最後は会場全体でシンガロング。気持ちのいい一体感のなかでAugusta Camp 2017は大団円を迎えた。

関連コンテンツ