Icon loading md
5524444 full 2d33a51c 1b19 411a 86d6 d1bc33907c94
あの名曲も!豪華なセッションが盛りだくさん! 速報レポート ③【Augusta Camp 2017】
antenna*
2017.09.23 17:00
「次はもうちょっと人数を増やして」というスキマスイッチ・大橋卓弥の言葉に、ステージにやって来たのは山崎まさよし、秦 基博、竹原ピストル、あらきゆうこ。みんなで山崎の名曲「セロリ」をセッションだ。観客も大きく手を振って盛り上げる。間奏の早口スキャットパートは全員でユニゾン。まるで仲間内のパーティーのような親密な雰囲気が楽しい。

ここで一旦全員が退場。その後ステージに現れたのはさかいゆうと元ちとせ。さかいが奏でるキーボードと、元ちとせの歌声が響き渡った瞬間、それまでとはがらりと空気が変わる。自身のデビュー曲を情感たっぷりに歌い上げた彼女には、大きな拍手が送られた。続いて、さかいが呼び込んだのは秦 基博。パーカッションにあらきゆうこ、ギターに山崎まさよしを迎え、多数リクエストが寄せられた楽曲を伸びやかにパフォーマンスした。
5524444 tuvzfnzs full cd04b76a 6e0c 43c3 b7ec ba71de1ae9b8
さらにさかいのセッションは続く。山崎、スキマスイッチ・大橋卓弥、浜端ヨウヘイ、松室政哉の4人で披露するのは、大橋とさかいのコラボ曲「ピアノとギターと愛の詩(うた)」だ。さかいによるヒューマンビートボックスに松室がギロの音を重ねたリズムをループさせ、山崎がブルースハープで彩りを添える。

続いて、山崎まさよしが主役のセッション。あらきのパーカッションと岡本定義(COIL)のギターが山崎の歌を盛り上げる。続けて、ギターに持ち替えた山崎。岡本に代わりステージに登場したさかいと浜端、松室とともに、「One more time,One more chance」のあのイントロを奏で出す。松室と浜端、そして山崎、3人の声がひとつの物語をつないでいく。美しい音の連なりが、名曲に新たな息吹を与える瞬間だ。

5524444 ivagoqrk full dfa7ad34 0e0b 4fb9 946d 8266cbfa680c
次にステージに登場したのはスキマスイッチの2人と竹原ピストル。スキマスイッチの代表曲ともいえるあの曲のイントロが鳴らされると 客席は一気に総立ちになり、大きな手拍子でこれを歓迎。そして、その流れに乗って今度は竹原がCMでもおなじみのあの楽曲を歌う。そう、これは掟破りの合体ソングだ!単なるメドレーではなく、フレーズを入れ替えながら見事に1曲に仕立てた3人に、惜しみない拍手が送られる。

ここで前半戦が終了、続いてはSpecial Act、大野雄二& Lupintic Six with Fujikochans~LUPIN THE THIRD SPECIAL~の登場だ。

関連コンテンツ