「目に見える世界」だけを見て、結論を急ぐべきではない。本質を導き出すために重要な「検証力」とは?
lifehacker
2017.09.06 06:30
ウェブを検索して情報を集め、ロジックをつくり込み、パワーポイントの資料に落とし込んで企画書が完成。その時点では充実感があるものの、いざ「成果が出せるのか?」と問われると急に自信がしぼんでいくことに…。そんな経験は、誰にでもあるのではないでしょうか?そんなとき、上司を説得するために必要なものは「エビデ…

あわせて読みたい

VUCAの時代。不確実な未来に対する問題解決力を高める「推論」の技術
lifehacker
人間関係や転職活動を「うまくやる」ためのコミュニケーションデザイン
lifehacker
顧客に「この人から買いたい」と思われるためのコツ
lifehacker
キーワードは「いまにいる」「理解する」「受け入れる」。親と子どものためのマインドフルネスとは?
lifehacker
大ベストセラー『ファクトフルネス』に抱いた、拭いきれない違和感と困惑
HARBOR BUSINESS Online
法人税の税率は本当に引き下げるべきか? SNS全盛の時代だからこそ求められる、「熟考」する姿勢
lifehacker
マッキンゼーの問題解決スキルが、感情のコントロールに応用できる理由
lifehacker
なぜ「宗教性」が大事なのか。いま改めて、マインドフルネスのオリジンを理解しよう
lifehacker
中高年男性がキレる理由がわかった!(けれども.)
Newsweek
MENSA所属の心理戦略コンサルトが教える。「行動原理」の分析術
lifehacker
すぐ動ける人と動けない人の違いは?「頭出しの結論」を習慣づけよう
lifehacker
ビジネスにも使える、 科学者の「仮説」を立てる方法 - だから、この本。
ダイヤモンド・オンライン
どんな分野でも成果を出すことができる「素アタマ」とは?
lifehacker
自分を知って成果を生み出す。ドラッカー・スクールのセルフマネジメント
lifehacker