Icon loading md
5404205 full cd809957 ffb6 47f0 a434 2aad412ef3be
機関車より貴重?SL列車の「客車」が足りない
東洋経済オンライン
2017.09.02 08:00
8月10日に東武鉄道のSL列車「SL大樹」が運行を開始し、話題となった。この列車に用いられるC11形蒸気機関車はJR北海道から借り受けたものである。

それに対し牽引される元国鉄の14系客車は、いわゆる「ブルートレイン」と同じ塗色で新しくは見えるが、製造は1972年だ。C11よりは若いが、車齢は45年にも及ぶ。一般的に鉄道車両の寿命は30~50年と言われているから、実は「老い先短い」車両でもある。…

あわせて読みたい