コンピュータがこの10年で迎える限界の正体
東洋経済オンライン
2017.08.23 08:00
現在、急速に商用化が進むAI(人工知能)は、GPUというプロセッサ(半導体)を搭載したコンピュータで、大量のデータを処理することで動いている。GPUは元々、ゲームのコンピュータ・グラフィックスなどを処理する画像処理用半導体で、これがAIなどのコンピュータ・システムに搭載されるようになったのはこの10年のこと。そしてこのGPUコンピューティング(GPGPU)の本格運用に世界で初めて成功したのは、実は…

あわせて読みたい

86歳のムーア博士が講演会で語ったこと
東洋経済オンライン
NVIDIAが見据えるAIコンピューティングの未来
@DIME
「自動運転」のカギは、クルマの頭脳「AI」にあり!?
clicccar
「ムーアの法則」は死なず──IBMの新技術が「シリコンの限界」を押し広げ、超小型高性能チップを生む
WIRED
【GTC Japan2016】NVIDIAが見据えるAIコンピューティングの未来
@DIME
AI革命は終わらない NVIDIAカンファレンスレポート - 湯川鶴章 湯川鶴章のテクノロジーフィクション
Newsweek
「CES2017」現地レポート-マーケターが注目すべきポイントを解説!①
アドタイ
iPadよりも巨大な半導体チップが、AIの研究を加速させる
WIRED
IBMなど、線幅7ナノメートルの半導体チップを開発 業界初
AFPBB News オススメ
半導体の新技術「チップレット」の活用で、ムーアの法則は維持できるか
WIRED
インテルは「ムーアの法則」を終わらせない──新たな“技術リーダー”が考える半導体の未来
WIRED
量子コンピューティングでテック大手に対抗する極小企業、Rigettiの挑戦
WIRED
5G、AI、eスポーツ、量子コンピュータ、世界のテクノロジートレンドに日本企業はどう対応していくべきか
@DIME
NVIDIAが開発した世界で最も小さく、パワフルなAIスーパーコンピューター「Jetson Xavier NX」がスゴい理由
@DIME