砂をつかって「宇宙最古の光」を2週間かけて描き、一瞬で消し去るというアートパフォーマンス(動画あり)
WIRED
2017.07.06 12:00
ビッグバンの名残とされ、「宇宙最古の光」とも呼ばれる宇宙マイクロ波背景放射。長期間かけて精緻な砂のマンダラを制作し、壊すというチベット仏教の儀式。米国人アーティスト、レイチェル・サスマンはこのふたつを合体させたインスターレション作品をつくり出した。...…

あわせて読みたい

はるか昔、ふたつの天体が合体した「白鳥星雲」を訪ねて:今週の宇宙ギャラリー
WIRED
ハッブル宇宙望遠鏡は、まるでタイムマシンのように時をさかのぼる:今週の宇宙ギャラリー
WIRED
赤外線フィルターを通して宇宙を観察すれば、こんなにも美しい世界が見えてくる:今週の宇宙ギャラリー
WIRED
ハッブル宇宙望遠鏡が目撃、美しき星たちの神秘的な姿:今週の宇宙ギャラリー
WIRED
カラフルな光を放つ「星をつくる工場」、1億個の星に溢れるアンドロメダ星雲の姿:今週の宇宙ギャラリー
WIRED
生命が潜んでいるかもしれない「宇宙の別の場所」:今週の宇宙ギャラリー
WIRED
美しい惑星と、ゴージャスな銀河の姿:今週の宇宙ギャラリー
WIRED
台風だけじゃない。宇宙にも存在する巨大な「渦」の数々:今週の宇宙ギャラリー
WIRED
「バーニングマン」の10年を撮り続けた男と、美しい15の光景
WIRED
ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた「宇宙のカニ」から、ネコそっくりな彗星まで:今週の宇宙ギャラリー
WIRED
美しき太陽風の軌跡から、「銀河の合体」の前触れまで:今週の宇宙ギャラリー
WIRED
風変わりな「3つの銀河」を巡る旅:今週の宇宙ギャラリー
WIRED
「難題」に挑む火星探査機から、大量の暗黒物質を含む銀河まで:今週の宇宙ギャラリー
WIRED
超高速で銀河を駆けるパルサーの軌跡、美しく青き海王星の嵐:今週の宇宙ギャラリー
WIRED