もし「プラカップ」が生きていたら?群れをなして動く日用品が生む異様な光景:画像ギャラリー
WIRED
2017.05.31 11:00
鳥や魚はときに群れをつくり、まるで誰かが統率しているかのように美しい形を描きながら動いてゆく。では、もしプラスティックのカップや付箋が生きていて、群れをなして動くとしたら? そう考えた米国のとあるアーティストが生み出したイメージは、超常現象のようでどこか不気味なものだった。...…

あわせて読みたい

スポーツの試合を「多重露光」で撮影したら、まるで悪夢のような“大混乱”がやってきた
WIRED
写真家は野菜に「魂」を吹き込み、失われた食の神秘性を取り戻す:画像ギャラリー
WIRED
ペッパーからロボット犬、昆虫ロボまで大集合! “ロボット動物園”を『WIRED』がつくると、こうなった
WIRED
フラッシュに照らされた夜の遊園地が生み出す、不気味で幻想的な風景
WIRED
彼女が古い肖像写真に色鮮やかな「刺繍」をする理由
WIRED
まるで時空がねじ曲がったように感じられる異様な風景写真:画像ギャラリー
WIRED
メキシコ郊外の新興住宅地を空撮すると、まるで「シムシティ」のような光景が広がっていた
WIRED
砂をつかって「宇宙最古の光」を2週間かけて描き、一瞬で消し去るというアートパフォーマンス(動画あり)
WIRED
プールで泳ぐホッキョクグマの姿から学ぶ、動物にとっての「自然」のあり方
WIRED
ベルリンの街を飾る、まるでブロックを積んだように「退屈」なビル群:画像ギャラリー
WIRED
グーグルアース上に建てられた「砂上の楼閣」──この建物は誰がつくったのか?:画像ギャラリー
WIRED
ミニチュアセットが生み出したリアルでシュールな日常風景・15選
WIRED
近代化のシンボルとしていまなお存在感を放つ、ニューデリーの「給水塔」16
WIRED
指の脂でベタベタになったスマホ画面の「絵画のような美しさ」
WIRED