古さを活かして。思い出が詰まった築43年の祖父母宅(川越)|リノベストーリー
roomie
2017.05.24 05:45
埼玉県川越市、その家を訪ねたのは日曜日の昼時。どこからともなく漂ってくる昼食のにおいがなんとも懐かしく、実家に帰ったような不思議な感覚を覚える。この築43年の家に住み、4年にわたってセルフリノベーションに取り組んでいるのが、プロダクトメーカーのデザイナーとして働く安田太陽さんだ。安田さんにとって、通勤時間は1時間以上かかるというのこの家に住む理由と、セルフリノベーションのおもしろさについてうかがっ…

あわせて読みたい

ポートランドのDIYカルチャーに惹かれ実現。木造一軒家をセルフリノベ(江戸川)|リノベストーリー
roomie
ロボットは感情を持った家族になる。スマートスピーカーの進化系? ”BOCCO emo”
CAMPFIRE
9人の建築男子が始めたシェアハウス、ペット紹介企画先週のヒット記事まとめ
roomie
9人の建築男子が始めたシェアハウスの軌跡(目白サイド)|リノベストーリー
roomie
9人の建築男子が始めたシェアハウスの軌跡(三軒茶屋)|リノベストーリー
roomie
築43年の一軒家で古道具と暮らす、デザイナー兼ジュエリー作家(川越)|みんなの部屋
roomie
みんなの部屋出演者に部屋にまつわる相談をしよう! NEIGHBORS CONSULTINGはじめます
roomie
賃貸オーナー自身がリノベする「あかぎハイツ」(千葉県松戸市)|リノベストーリー
roomie
ROOMIE編集部が選ぶ、2017年の「ベストな部屋」大賞|みんなの部屋
roomie
【福岡県】地域の歴史的建築をどう残す? 資金や工事は…? 大型木造建築改修プロジェクト
コロカル by マガジンハウス
築60年以上の古民家をセルフリノベーション。 住宅街にひっそりと佇む女性料理家のアトリエ(東高円寺)|みんなの部屋
roomie
【京都府】“里の公共員”とは? 空き家活用に仕組みづくりからコミットする、次世代建築家
コロカル by マガジンハウス
壁を活用して暮らしを楽しく!夫婦でセルフリノベしたお宅を拝見!
ESSEonline
キッチンのインテリア、ちぐはぐにせず統一感を出すコツって?~柚木さとみさんの「世界一楽しいわたしの台所」
レシピブログ くらしのアンテナ