見えてきた復興の難しさーー東日本大震災から6年たった現在の鉄道輸送はどうなっている?
GetNavi web
2017.05.21 09:30
2011年3月11日に起きた東日本大震災。未曾有の被害が列島を襲ってからすでに6年が経った。伝わる情報を見聞きする限りは、着実に復興が進んでいるかのように見える。街を復興していくうえで大きなカギとなるのが、鉄道を含めた公共交通機関の復旧と整備だ。そこで筆者は、5月初頭に岩手、宮城の沿岸地域を歩き、復興が進む現状を確認してきた。はたして、街の復興とともに公共交通機関の復旧は順調に進んでいるのだろうか…

あわせて読みたい

『あまちゃん』路線も含む震災復興のシンボル。三陸鉄道リアス線がついに開業
HARBOR BUSINESS Online
「日本一愛される鉄道」が直面する10年後の運命
東洋経済オンライン
“復興のシンボル”三陸鉄道リアス線ひとふで書きの旅
Discover Japan
震災被害に遭いつつも復興に大きく貢献する「鉄道会社」が岩手にあった
GetNavi web
JR山田線、「震災4年で復旧工事」の舞台裏
東洋経済オンライン
災害により寸断された「ローカル線」−−不通となっている19路線の現状をチェックする【前編】
GetNavi web
「BRT専用道」は気仙沼や大船渡の「足」になれるのか……ヒントは名古屋市にあり!
GetNavi web
三陸鉄道と養命酒「珍コンビ」が狙うものは?
東洋経済オンライン
名写真家が目撃「平成史に残る」鉄道10大事件
東洋経済オンライン
ゼネコンにも「鉄道魂」、三陸の復興に燃える
東洋経済オンライン
2019年も鉄道は話題満載!「鉄道ゆく年 くる年」【くる年編】
GetNavi web
問題山積みのリニアや相次ぐ踏切事故。2019年から引き継がれた鉄道業界の「課題」
HARBOR BUSINESS Online
2019年の鉄道業界、注目のトピックはこれだ
東洋経済オンライン
平成最後の春のダイヤ改正で注目したいポイントは? ―― 鉄道会社の狙いとその効果を探る【後編】
GetNavi web