会期は残りわずか! 尾形光琳の国宝『燕子花図』と鈴木其一の『夏秋渓流図』で、初夏を楽しみましょう。
Pen Online
2017.05.09 06:00
東京・根津美術館で恒例の展覧会、同美術館が誇る国宝、尾形光琳の『燕子花図屏風』が展示中です。今年は、昨年サントリー美術館で大きな個展が開催され、近年評価が高まっている鈴木其一の『夏秋渓流図屏風』とのダブル展示とあって話題です。琳派の傑作が時を超えてそろい踏み、というわけです。 京都の高級呉服商で豊かな文化環境に育ち、江戸初期の文化人、本阿弥光悦と俵屋宗達に私淑し、彼らの雅をより装飾的に洗練させて、…

あわせて読みたい

尾形光琳が描いた国宝。《燕子花図屏風》の多面性にフォーカスする展覧会が根津美術館で開催へ
美術手帖
「琳派」の展覧会が熱海・MOA美術館で開催。江戸の粋を装飾芸術の中に見る
美術手帖
豪華絢爛! 尾形光琳の屏風がチョコになって登場
25ans
【1年に一度だけ】国宝“燕子花図屏風”&カキツバタがコラボ!表参道「根津美術館」でまったり春デート
レッツエンジョイ東京[おでかけ]
俵屋宗達から田中一光まで。琳派のデザイン性に迫り、現代への継承をとらえる展覧会が山種美術館で開幕
美術手帖
琳派誕生400年記念のトリを飾る特別展覧会「琳派 京を彩る」がスタート。
VOGUE JAPAN
ニッポンのお宝、お蔵出し|花と葉だけを大胆に描く《燕子花図屏風》。
Casa BRUTUS
【アート】庭園のカキツバタと共に国宝《燕子花図屏風》を堪能! 特別展『光琳と乾山』が根津美術館にて開催
ぴあ映画生活
視覚と味覚で味わう琳派の世界。箱根「岡田美術館」
Premium Japan
年に1ヶ月だけ見られる国宝、《燕子花図屏風》展が今年も始まります。
Casa BRUTUS
2大国宝が集結! 尾形光琳300年忌記念展「燕子花と紅白梅」が開催中。
Pen Online
尾形光琳・乾山の美意識の交流をさぐる。「光琳と乾山ー芸術家兄弟・響きあう美意識ー」展
美術手帖
誕生400年を飾る琳派の傑作が集結
Wedge[国内+ライフ]
デザインと日本美術の関係とは? 富山県美術館で「『日本の美 美術×デザイン』-琳派、浮世絵版画から現代へ-」が開催中
美術手帖