ファンならずとも必見!チェコ・プラハで訪れたいミュシャゆかりの観光スポット3選
GOTRIP![海外]
2017.04.29 00:32
東京・国立新美術館で「ミュシャ展」が開催されるなど、日本でも高い人気を誇るアルフォンス・ミュシャ(ムハ)。

現在のチェコ、オーストリア帝国領モラヴィアに生まれ、アールヌーヴォーを代表する芸術家として、パリ、ニューヨーク、プラハなど各地で活躍しました。日本で一般に用いられる「ミュシャ」という表記は、フランス語式の読み方で、チェコ語では「ムハ」と発音されます。

国際的に活躍しながらも、祖国に対する…

あわせて読みたい

世界最大かつ最古の城、プラハ城の威容には誰もが圧倒される!
GOTRIP![海外]
とってもキュートな長濱ねるさん、故郷 五島列島での幼少期の生活とは!?
UR LIFESTYLE COLLEGE
ムハのステンドグラスも!世界遺産プラハのシンボル、聖ヴィート大聖堂に感動
GOTRIP![海外]
中世が息づく世界遺産の街、初めてのプラハで絶対外せない5つの観光スポット
GOTRIP![海外]
ミュシャ展 国立新美術館で開催-巨大傑作《スラブ叙事詩》全20作チェコ国外、世界初公開
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
世界遺産の中世の街・プラハが「建築博物館」と呼ばれる理由とは
GOTRIP![海外]
ムハの装飾は必見!プラハの市民会館でアールヌーヴォーの世界に酔いしれる
GOTRIP![海外]
世田谷美術館で日本初!チェコ共和国のデザイン史を総合的に紹介する展覧会「チェコ・デザイン 100年の旅」を開催
OZmall
【冬のアート散策3】アンジェリーナが待つ、ミュシャ展へ。
madame FIGARO.jp
本国以外では世界初公開の展示も!六本木で「ミュシャ展」
OZmall
雪のプラハも美しい!チェコ料理とビールで暖まろう!
IGNITE[トレンド]
隠れた名所、アールヌーボーの装飾が甦ったプラハ駅
IGNITE[トレンド]
国外での全20点公開は世界初! 壮大な「スラヴ叙事詩」に画家・ミュシャが求めたものとは?
Pen Online
名画が生まれた街をたどる!「ミュシャ」をめぐるチェコの旅【ブルノ編】
Precious.jp