国外での全20点公開は世界初! 壮大な「スラヴ叙事詩」に画家・ミュシャが求めたものとは?
Pen Online
2017.04.04 12:00
19世紀末アール・ヌーヴォーのパリ、美しい女性を植物や細やかな装飾とともに描いたポスターや挿絵で、時代の寵児となったアルフォンス・ミュシャ。金銀を多用し、当時関心が深まっていたスラヴのエッセンスを散りばめた、ロマンティックな造形を持つ彼の作品は、日本でも大人気です。ただ、その名声よりも、彼が本当に目指したのは、祖国や民族を謳う「絵画」でした。50歳で故郷モラヴィアに帰り、約16年間心血を注いだのは…

あわせて読みたい

名画が生まれた街をたどる!「ミュシャ」をめぐるチェコの旅【プロローグ】
Precious.jp
ミュシャ展 国立新美術館で開催-巨大傑作《スラブ叙事詩》全20作チェコ国外、世界初公開
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
本国以外では世界初公開の展示も!六本木で「ミュシャ展」
OZmall
いよいよ開始!「ミュシャ展」で世界初公開の超大作に酔う
Precious.jp
日本初公開!ミュシャの大作「スラヴ叙事詩」をプラハで鑑賞する
IGNITE[トレンド]
「ミュシャ展」静岡市美術館で開催 - アール・ヌーヴォーの旗手、初期から晩年まで約250点
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
「ミュシャ展」大ヒット!担当者が語る、プロも苦心した巨大展示成功までの道のり
Precious.jp
ミュシャの作品400余点を展示「アルフォンス・ミュシャ展」が小田急新宿で開催!
ロコナビ
時代を超えた魅力の秘密を紐解く。「みんなのミュシャ」展がBunkamuraザ・ミュージアムで開幕
美術手帖
そごう美術館、ミュシャ展「運命の女たち」
みんなの暮らし日記ONLINE
4月にお出かけしたい日本橋・上野・六本木のイベントまとめ【6つ】
Precious.jp
ムハの装飾は必見!プラハの市民会館でアールヌーヴォーの世界に酔いしれる
GOTRIP![海外]
「ミュシャ展 アール・ヌーヴォーの華」長崎で開催、代表作から初公開の資料まで約250点を展示
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
ハウステンボス美術館「アール・ヌーヴォーの華 ミュシャ展」開催
IGNITE[トレンド]