村上春樹の海外人気は圧倒的!?『騎士団長殺し』の翻訳版を待ち望む声と海外でも愛されている日本文学たち
Premium Japan
2017.04.01 06:00
村上春樹の約4年ぶりとなる新作長編小説『騎士団長殺し』が2月24日に発売され、「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」合わせて130万部の大ヒットを記録しています。村上作品といえば、外国語に翻訳されて全世界で読まれていることでも有名ですよね。今回の『騎士団長殺し』にも、海外から翻訳版の刊行を待ち望む声が上がっています。

画像:Amazon

『騎士団長殺し』の翻訳版を待ち望む声多…

あわせて読みたい

村上春樹は、なぜ「同じ話」を書き続けるのか
東洋経済オンライン
村上春樹とラノベのあいだ 〜新作『騎士団長殺し』を楽しむ前に
現代ビジネス
村上春樹、井戸の底の世界を語る:The Underground Worlds of Haruki Murakami
WIRED
村上春樹の小説を読むと、強く生きられそうな気分になるワケ
現代ビジネス
それでも世界を夢中にさせている! 「ハルキ小説」翻訳の現場から|ポーランド語翻訳者が語る「村上春樹をめぐる冒険」
COURRiER Japon
書評:辛島デイヴィッド『Haruki Murakamiを読んでいるときに我々が読んでいる者たち』
GQ JAPAN
村上春樹「騎士団長殺し」は期待通りの傑作だ
東洋経済オンライン
村上春樹の小説を僕が嫌いな理由 - コリン・ジョイスEdge of Europe
Newsweek
国際文芸フェスティバルTOKYO 「国境・言語を超えるブンガクとは?」 で翻訳者たちが語ったこと
T JAPAN
天災、セウォル号沈没事故に南京虐殺…|韓国紙に村上春樹が語る「小説は『戦う力』をもたなければいけない」
COURRiER Japon
第33回『騎士団長殺し』を読み解く──内田樹の凱風時事問答舘「これで日本も安心だ」
GQ JAPAN
英訳・朗読で再発見。世界に聞かせたい日本がここにある『英語朗読でたのしむ日本文学』、 4月26日発売
PR TIMES
韓国で大失敗した中国SF小説が日本で異例の大ヒットとなった訳 - News&Analysis
ダイヤモンド・オンライン
日本を愛したドナルド・キーンは、アメリカで日本の心をどう教えたか
現代ビジネス