Icon loading md
413023 1 full 66ba84a3 0c6d 4cc5 a7e4 48955a0aa6e3 bpa8ycr1l66tqwhfiq2zp25wpzxhkrvw
日本の「水輸出ビジネス」が苦戦するワケ
東洋経済オンライン
2014.05.03 11:40
 「インドで最悪の水環境」。そう呼ばれるのが、世界遺産タージマハルが建つ町アグラだ。世界で最も劣悪な水を飲まざるをえない130万市民。彼らの水環境改善のため、日本の支援で画期的なプロジェクトが始まっている。
 
 国が推進し、官民連携で海外進出が試みられる「水インフラ」の輸出。しかし実際には、多くの現場で順調に成果が上がっているとは言いがたい。実はアグラでの計画も例外ではない。プロジェクトを阻む問…

あわせて読みたい