デザインと普段使いの理想形。美濃焼の和モダンな製品 5種
Premium Japan
2016.09.14 09:50
和モダンできれいな器を生み出す「深山」は、美濃焼で有名な瑞浪市にあり
岐阜県には「美濃焼」の伝統があります。美濃焼は平安時代の須恵器にまでその起源を求めることができるといわれますが、大きく発展したのは16世紀、戦国の覇者・織田信長の庇護を受けたことによります。以来、安土・桃山時代より現在まで、岐阜県は陶磁器の一大産地であり続けているのです。

美濃焼は主に土岐市、多治見市、瑞浪市、可児市で産…

あわせて読みたい

なぜ、日本の陶磁器は世界から注目されるのか?
@DIME
名古屋テレビ塔下で東濃の地酒と美濃焼を楽しめるイベントが開催!
Walkerplus
波打つような美しい櫛目のすり鉢「JUJU mortier」
Premium Japan
お隣さんでもこんなに違う! 信楽焼も美濃焼も個性を磨いてさらにおしゃれ
e-Begin
今、日本でも海外でも和食器ブーム!「Francfranc」からモダンな和食器が登場【Editor’s セレクション】
Sumai
《お気に入りの1枚に出会うために》種類や名称、産地の情報まで網羅した、買いたい人・使いたい人・作りたい人必読の一冊。
PR TIMES
【大人の教養】日本の”焼き物”は知れば知るほど面白い!
DRESS
驚きの吸水性!いま大注目の「アレ」でできたバスマットに注目
Sheage
陶器のお手入れ方法は?食器手入れの基本をおさえよう
All About
『あまちゃん』でもおなじみ。地元の粘土と釉薬を使用した「小久慈焼」
Premium Japan
多治見市笠原町のモザイクタイルがお洒落! 倉敷、長崎に続き、名古屋から巡回展が始まります。
Pen Online
暮らしに工芸品を!ふるさと納税で佐賀の伝統工芸を100年先も続く産業に!
PR TIMES
青山で再発見、女性が作るやきものの魅力
Esquire
深い歴史と実用性だけではなかった!サプライズ尽くしな新しい「美濃焼」の世界
ippin