東京駅の顔、八重洲ブックセンターの意外なオーナー
HARBOR BUSINESS Online
2016.08.23 18:40
ビジネス書の蔵書数、売上ランキングの信頼度は日本一
 八重洲ブックセンターは首都圏を中心に13店舗を展開する書店チェーンです。日本有数のビジネス街・八重洲にある旗艦店の本店は、150万冊もの膨大な在庫量を誇る8階建ての大型書店で、特に土地柄、ビジネス書の蔵書数や売上ランキングの信頼度は日本一とも言われています。なお余談ですが、八重洲という地名は、徳川家康の外交顧問ヤン・ヨーステン(和名:耶楊子(や…

あわせて読みたい

昭和の喫茶店カルチャーを作ったアマンド――創業70年目の逆襲
HARBOR BUSINESS Online
幻の明星のカップ麺――「カップヌードル」より10年早く試験販売された商品が世に出なかった理由とは?
HARBOR BUSINESS Online
かつて格闘ゲーム「KOF」で一世を風靡したSNKに復活の兆しあり?
HARBOR BUSINESS Online
かつての栄光を取り戻せない!経営再建に苦しむソフマップの行方
HARBOR BUSINESS Online
書店「存亡の危機」、また本屋が消えていく
東洋経済オンライン
P&Gが「社員の能力世界一」に選ばれる理由
HARBOR BUSINESS Online
焼酎「いいちこ」と地下鉄路線図の意外な関係
HARBOR BUSINESS Online
創業嘉永2年。老舗「山本海苔店」を守ってきた百年前の「家訓書」とは?
HARBOR BUSINESS Online
「山本山」と「永谷園」の古い縁――江戸時代に遡る運命的出会いが老舗を育てた
HARBOR BUSINESS Online
最古の商業マスコット「ミシュランマン」の誕生秘話――デビュー当時はまるで怪物?
HARBOR BUSINESS Online
赤字20億円!ミシュランガイドは生き残れるのか?
HARBOR BUSINESS Online
“NO BUSINESS, NO MUSIC.”――タワーレコードは生き残れるのか
HARBOR BUSINESS Online
実は巨大出版社だった「デアゴスティーニ」の堅実すぎる事業モデルとは?
HARBOR BUSINESS Online
キャラメルコーンのピーナッツに隠されていた驚愕の事実とは?
HARBOR BUSINESS Online