巨人 4連勝のカゲに正捕手・小林誠司あり
東スポWeb
2016.08.03 17:10
 巨人が2日の中日戦(ナゴヤドーム)に7―2の大勝で4連勝。好調な打線はこの日も14安打の猛攻で3試合連続の2桁安打をマークした。貯金も5に増やしたのは打線によるところも大きいが、その陰で今季正捕手となった小林誠司(27)が快進撃を支えている。

 勢いが止まらない。4回先頭の坂本が四球を選び、続く阿部が17試合連続安打となる左中間二塁打で先制すると、その後も村田、ギャレット、脇谷の計4連打で一挙…

あわせて読みたい