刑事裁判の新制度「一部執行猶予」は薬物中毒者を救うか
Newsweek
2016.06.09 20:29
<今まで裁判官が懲役刑を言い渡すときは「実刑」と「執行猶予」の2パターンしかなかった。極端な2択の間で揺れてきた日本の司法判断に、より多様な選択肢をもたらすと期待されるのが「一部執行猶予」だ。この新制度は、清原和博氏のような薬物中毒者を救う一助となるだろうか>

 高校時代からスター選手として野球ファンを沸かせ続け、22年間の現役生活で積み上げたホームラン数は、じつに525本。名球会にも名を連ね、…

あわせて読みたい

弱々しい、だからこそ真実味がある。再起の道を歩む清原和博の言葉~ビジネスパーソンの言語学100
GOETHE
120人の不良を更生させた「中澤さん」の流儀
東洋経済オンライン
トンデモ逆転裁判!公務員が80キロのスピード違反…失職逃れて罰金刑に!
ドライバーWeb
サムスン副会長「経営復帰」で何が起きるのか
東洋経済オンライン
貧困で数週間も絶食、パンを盗んで捕まる…「福祉」から漏れた人が刑務所に行く実態
J-WAVE NEWS
ASKA再逮捕!覚せい剤で逮捕された芸能人の現在に見る立ち直りの可能性
女子SPA!
ASKA不起訴で思った 清原氏球界復帰へ「一番重要」なこと
東スポWeb
プロ野球選手の首都高89キロ超過、どんな刑罰が待っている? 懲役刑を避ける方法とは
ドライバーWeb
ミーク・ミル、刑務所生活を経て「最強チーム」率いてアメリカ社会を改革
FRONTROW
生活保護費で少女50人を買春した男に下された判決<裁判傍聴記・第5回>
HARBOR BUSINESS Online
終身刑の可能性もあったテカシ69、新型コロナの影響で「出所」が認められる
FRONTROW
日本の薬物依存対策は時代遅れ。必要なのは懲罰ではなく、社会の中で治療すること
HARBOR BUSINESS Online
依存症からいかに回復するか。田代まさしさん「いちばん傷ついたのはオレ」
Tarzan
赤坂晃 噂の女性は「4人で寮みたいに一緒に住んでいる」
週刊女性PRIME