飾るだけで香りがふわり。「Juttoku.」の和菓子のような印香
Premium Japan
2016.05.10 09:10
自然と調和する、日本人らしい香りの文化を未来に

日本では古来より、自然の恵みである香りを、日々の暮らしとともに楽しむ習慣がありました。お香のもととなる香木が淡路島に漂着したのは、飛鳥時代のこと。平安時代には、貴族が趣味やおしゃれとして部屋で薫物を焚き、衣に香りを付け、禅宗が広まった鎌倉時代は、武士たちが精神統一のために香りの力を用いたと言われています。

また、室町時代、一般には「一休さん」とし…

あわせて読みたい

お香ブランド「Juttoku.」初の直営店が神楽坂弁天町にオープン|Juttoku.
OPENERS
合成香料を一切使わないお香専門店で世界に一つだけの香りを創る
Premium Japan
日本の伝統と癒しのお香ブランド「ジュットク」直営店を神楽坂にオープン
FASHION PRESS[アート・カルチャー]
千年前から言われていた!お香を焚くと気持ちいい理由
YOLO
和の文化を贈る。お香ブランド「Juttoku.」が「裏参道ガーデン」に2号店をオープン
OZmall
お香専門店でマリエがビックリ! 違う種類のお香を混ぜるほど…
J-WAVE NEWS
香りと和紙が出会った淡路島生まれのお香「Ku(クウ)」
Premium Japan
見て美しく、安らぎを感じる、お香ブランド『Juttoku.』のショップがオープン!
VOCE
和の香りを気軽に取り入れられる香りアイテム8選!プレゼントにもぴったり。
Hanako.tokyo
篠田麻里子と学ぶ、話題の「和のお香」の楽しみ方【麻里子の「和」コトハジメ】
DAILY MORE
アートの力で唐紙を日本へ、世界へ届ける——「雲母唐長(きらからちょう)」の唐紙
Premium Japan
おじいちゃんおばあちゃんに絶対喜ばれる“渋くておしゃれ”な通販で贈れるギフト6選
るるぶ&more.
香りで旅の余韻に浸る―お香専門店「仙台香房 露香」
ことりっぷ
冬のデートには、和の香りに癒される体験を
LEON.JP