弁護士婚活事情:アパレル業界バイヤーから弁護士へと転身したゆるふわ男
東京カレンダー
2016.04.07 06:38
一口に弁護士といっても、実に様々な男性たちがいることが分かってきたが、今回は、かなり珍しい経歴を持った弁護士を紹介する。

<今週の東京婚活弁護士>
名前:史也33歳
勤務先法律事務所:大規模法律事務所
年収:約1,800万円
学歴:国立大学ロースクール
住まい:神楽坂
家賃:20万円
交際ステータス:独身・彼女なし
好きな動物:猫(日本猫、マンチカン)

前職はアパレル業界バイヤー!異色の経歴の…

あわせて読みたい

弁護士婚活事情:女性弁護士は、就職時点で彼氏なしなら一生独身を覚悟する
東京カレンダー
弁護士婚活事情:東京婚活市場における弁護士はもはやAAAランクではない?
東京カレンダー
弁護士婚活事情:元プロ女子大生の美人弁護士。その価値はどこまで高騰するか
東京カレンダー
弁護士婚活事情:婚前契約を結ばないと結婚はしない。34歳エリート弁護士の結婚観
東京カレンダー
弁護士婚活事情:モテる要素しかないイケメン弁護士が、いつも恋人に振られてしまう理由
東京カレンダー
東大卒43歳の弁護士「僕が婚活で売れ残っているワケ」
女子SPA!
ロースクールやMBAは実務で役立ちますか?
東洋経済オンライン
東大女子図鑑:国際弁護士となったエリート東大女子のモチベーションは、恋心と美人への嫉妬!?
東京カレンダー
菊間千乃 「アナウンサーを続けたかったから弁護士を目指した」
J-WAVE NEWS
弁護士失墜の大元凶、ロースクール解体勧告
東洋経済オンライン
高身長・高学歴・高収入の男たちが結婚しない理由とは?「結婚“しない”男たち」全話総集編
東京カレンダー
フリーターから日本一稼ぐ弁護士へ。「今を楽しめない人は一生楽しめない」
OCEANS
日本同様、“食えない弁護士”が韓国でも増加。そんな中「社内弁護士」の需要が高まる
HARBOR BUSINESS Online
弁護士がプロボクサーという草鞋も履くワケ
東洋経済オンライン