弁護士婚活事情:婚前契約を結ばないと結婚はしない。34歳エリート弁護士の結婚観
東京カレンダー
2016.03.17 06:06
弁護士は、婚活市場においていまだに優良銘柄なのか?それとも、2016年の東京において、弁護士がモテるというのはもはや幻想にすぎないのか?そんな議論が盛り上がりを見せる中、前回は、爽やかな若手エリート弁護士が登場し、イマドキの弁護士モテない説に異を唱えた。

たしかに、大学の図書館にこもり、20代のキラキラした時期を勉強に捧げてきた弁護士の生態は、他の業界からすると謎が多いだろう。一般の企業に比べ、…

あわせて読みたい

弁護士婚活事情:元プロ女子大生の美人弁護士。その価値はどこまで高騰するか
東京カレンダー
弁護士婚活事情:アパレル業界バイヤーから弁護士へと転身したゆるふわ男
東京カレンダー
弁護士婚活事情:東京婚活市場における弁護士はもはやAAAランクではない?
東京カレンダー
弁護士婚活事情:女性弁護士は、就職時点で彼氏なしなら一生独身を覚悟する
東京カレンダー
弁護士婚活事情:モテる要素しかないイケメン弁護士が、いつも恋人に振られてしまう理由
東京カレンダー
藤木直人の“婚活金言”の実用性が高すぎる【春ドラマ評 木・金編】
女子SPA!
菊間千乃 「アナウンサーを続けたかったから弁護士を目指した」
J-WAVE NEWS
全米大ヒットドラマが原作!痛快弁護士ドラマ!
Muscat(フジテレビ)
東大卒43歳の弁護士「僕が婚活で売れ残っているワケ」
女子SPA!
「婚前契約書案を作りました」Over40こじらせ男子の婚活奮闘記【第11回】
CLASSY.ONLINE
元部下・山縣弁護士が語る、無罪請負人・弘中惇一郎弁護士のポリシーとは?【対談】
GOETHE
27歳にして、ようやく果たした社会人デビュー。彼氏持ちの女を惑わせる、イケメン弁護士の正体
東京カレンダー
ドラマ『SUITS』は織田裕二のアメリカンぶりがクセになる。職場でウィスキーって…
女子SPA!
婚活で年収1000万円男を狙うなら覚悟すべき3つのこと
All About