弁護士婚活事情:東京婚活市場における弁護士はもはやAAAランクではない?
東京カレンダー
2016.03.10 07:47
弁護士といえば、医者と肩を並べる二大モテ職業の一つ。婚活市場において圧倒的存在感を誇り、金ピカに輝く弁護士バッジを印籠のようにかざせば、女たちは皆ひれ伏す。

こんなふざけた言い回しがあながち否定できないほど、弁護士が栄華を誇っていた時代があったのは確かだ。

しかし、司法試験合格者が大幅に増加した今、その人気は、しがないサラリーマンの生涯年収を数年であっさり稼いでしまうスマートな外資系投資銀行員…

あわせて読みたい

弁護士婚活事情:女性弁護士は、就職時点で彼氏なしなら一生独身を覚悟する
東京カレンダー
弁護士婚活事情:アパレル業界バイヤーから弁護士へと転身したゆるふわ男
東京カレンダー
弁護士婚活事情:婚前契約を結ばないと結婚はしない。34歳エリート弁護士の結婚観
東京カレンダー
弁護士婚活事情:元プロ女子大生の美人弁護士。その価値はどこまで高騰するか
東京カレンダー
弁護士婚活事情:モテる要素しかないイケメン弁護士が、いつも恋人に振られてしまう理由
東京カレンダー
東大卒43歳の弁護士「僕が婚活で売れ残っているワケ」
女子SPA!
東大女子図鑑:国際弁護士となったエリート東大女子のモチベーションは、恋心と美人への嫉妬!?
東京カレンダー
菊間千乃 「アナウンサーを続けたかったから弁護士を目指した」
J-WAVE NEWS
ニューヨーク留学を終えた、東大卒の一流弁護士。国際派エリート男の“残念極まる”欠点とは?
東京カレンダー
「結局、2人きりになっちゃったね…」初デートの夜に発覚した、好きな男の女性関係
東京カレンダー
弁護士ドットコムが急成長、年内上場も
東洋経済オンライン
「使えない弁護士」が珍しくなくなった根本背景
東洋経済オンライン
ロースクールやMBAは実務で役立ちますか?
東洋経済オンライン
楽じゃない?イマドキ弁護士の恋愛と結婚
東洋経済オンライン