薄れる存在感? スカイマークの利益が半減
東洋経済オンライン
2013.10.21 10:22
安い運賃を武器に、日本航空やANAホールディングスといった大手航空会社の牙城に挑んできた“かつての新興勢力”のスカイマークが、国内の航空業界で新たに台頭してきた格安航空会社(LCC)に押されている。

スカイマークは10月17日、今年度(2014年度3月期)業績見通しを下方修正した。売上高見通しは911億円(前期比6%増)と増収ながらも、従来から40億円下げた。さらに苦しいのは利益面。本業の儲けを…

あわせて読みたい