静岡まで行って見てみたい! 民藝を代表する染色家・芹沢銈介の壮大な創作世界「しあわせの色 たのしい模様」。
Pen Online
2015.12.14 07:20
色とりどりの風物が楽しいカレンダーや、生活道具がモダンに配された包装紙。きっと誰もが一度は芹沢銈介のデザインを目にしたことがあるでしょう。民藝を代表する染織家・芹沢銈介は着物や屏風などの染色作品を生み出す一方、のれんやふきん、ブックデザイン、カレンダー、うちわ、パッケージなど、数々の日用品をデザインしました。生誕120周年となる2015年、その優れたデザイナーとしての仕事にスポットをあてた展示が静…

あわせて読みたい

芹沢銈介の収集 –手仕事の世界地図–
Casa BRUTUS
芹沢銈介が集めた、世界の“仮面と衣装”。
Casa BRUTUS
カオスな現代社会を表した柚木沙弥郎の鳥獣戯画。
Casa BRUTUS
棟方志功と芹沢銈介の「釈迦十大弟子」全作品が、大阪日本民芸館に勢揃い。
Pen Online
【中田英寿/に・ほ・ん・も・の外伝】ゆったりと豊かな時間が流れる芹沢銈介美術館<静岡編②>
GOETHE
【宮城県】実は仙台にあるんです。〈芹沢銈介美術工芸館〉で企画展が開催中!「芹沢銈介は、のれんと着物だけじゃない。」
コロカル by マガジンハウス
〈大阪日本民芸館〉にて『民藝のバスケタリー ―龍・笊・蓑―』が開催中。
Casa BRUTUS
日本を代表する染色家・柚木沙弥郎の最新作と新商品原画を紹介する展覧会が青山・スパイラルで開催
美術手帖
静岡市立芹沢銈介美術館 展覧会100回記念 静岡が誇る「たからばこ」芹沢銈介美術館の歩み | SHIZUOKA
Casa BRUTUS
【岩手県】岩手〈小田中染工房〉の 美しい型染めデザイン。 芹沢染紙研究所で学んだこととは
コロカル by マガジンハウス
95歳のモダン染色家、柚木沙弥郎さんに教わる「美しい人生の歩み方」
Precious.jp
お菓子研究家 福田里香さんが推薦「かわ善い民藝」民藝に会いに行く。vol.6
Discover Japan
染色家・柚木沙弥郎の最新作を生活に取り入れる。
Casa BRUTUS
染色家、柚木沙弥郎 96歳の進行形
T JAPAN