山梨県西湖に、富士北麓の食の拠点複合型レストラン「Restaurant SAI 燊」6月1日(土)オープン

2024.03.15 10:00
株式会社アミューズ
3月15日より予約受付スタート 開業前に東京都内のイベントにも出店 
総合エンターテインメント事業を展開する株式会社アミューズ(本社:山梨県南都留郡富士河口湖町、代表取締役社長:中西正樹、以下アミューズ)は、2024年6月1日(土)、山梨県西湖に複合型レストラン「Restaurant SAI 燊(レストラン サイ)」 (
)を開業します。料理長には、「ゴ・エ・ミヨ」3年連続受賞、2023年度農林水産省料理人顕彰制度「料理マスターズ」を受賞した豊島雅也氏を迎え、「奥・山梨料理」をコンセプトに、富士北麓の稀有な自然に育まれた食材を使った新ジャンルのガストロノミーを提供。また、敷地内では「食を通して生き抜く力を学ぶ」ための様々な取り組みも行う予定で、栽培、養蜂、狩猟、発酵などが実践できる設備を設け、食の新たな可能性を追求する拠点となることを目指します。なお、レストランは3月15日(金)より予約受付をスタート、5月には開業に先駆けて東京都内のイベントにも出店予定です。

開業の背景
アミューズは、2021年に山梨県の西湖に本社を移転して以降、山梨の様々な地域資産を活用し、地域の生産者、事業者、クリエイターの協力を仰ぎながらライフカルチャー事業を進めてきました。その活動のなかで、富士河口湖町でレストラン「TOYOSHIMA」を営む豊島シェフと出会い、技術力の高さもさることながら、人柄、料理に向き合う姿勢、そして地域に息づくあらゆるものに興味をもち料理に反映させていく創造性に感銘を受け、両者が共創することで、この価値をより多くの人に体験していただきたいと模索してきました。
これまでも、2022年「山の日 Edventure Clubプログラム」「五感で楽しむ富士山麓のレストラン」、2023年「シェフズコラボレーションダイニング第1弾・第2弾」「西湖収穫祭」などの企画を共同で開催してきましたが、2023年の新部署「Life Lab.」立ち上げを契機に、これまでの取り組みをより高いレベルで中長期的に続けていくための拠点をつくりたいと構想し、このたびの「Restaurant SAI 燊」の開業が実現しました。

ガストロノミーの舞台となる西湖
レストランが位置する富士五湖のひとつ「西湖」は、世界文化遺産に登録される「富士山~信仰の対象と芸術の源泉~」の構成要素のひとつで、多くの芸術作品とゆかりが深い景勝地です。山に囲まれた穏やかな湖面は、一年中標高約900mの水位が保たれ、朝は霧に包まれる幻想的な姿を見せます。西湖の南岸をとりまく青木ヶ原樹海は、誕生してから約1200年という若い森で、溶岩の上のわずかな土に必死に根や苔を張る姿は、世界でも珍しい個性的な景観と生命力を感じさせ、標高差や気温差が激しく、水や温泉、土壌といった火山の恵み豊かな特徴は、山梨県を象徴するにふさわしい場所です。アミューズは2021年に当地に本社移転して以来、日々地域の魅力を発見するなかで、個性的な食材が手に入るだけでなく、西湖の自然から多くのインスピレーションを受けることで、創造性豊かな料理を生み出すことができると考えました。
料理コンセプトは「奥・山梨料理」
「奥・山梨」とは、「Restaurant SAI 燊」が位置する西湖が、富士五湖のなかでも山深く奥まっていることに由来し、世界でも稀有なこの場所だからこそ手に入る食材の味わいを「奥・山梨料理」として昇華させ、常に食の新しい世界を追い求めるお客様へ提供したいと考えています。
調理の基本は薪火。さまざまな火力を操りながら、富士北麓の食材がもつジビエ、キノコ、山菜、高原野菜、淡水魚などの深い味わいを引き出していきます。焚付けとなる樹木にもこだわり、富士山に自生する植物や樹皮を香りによって使い分け、スープのブイヨンやスパイスにも、富士山で採集される天然の葉や芽を使うなど、従来の概念にとらわれず「生きとし生けるものをすべていただく」という発想で挑む新たなガストロノミーとなります。
ペアリングには、山梨ワインだけでなく、県産の日本酒、クラフトジン、クラフトビールなどの多彩なお酒との組み合わせを予定。県内のワイナリーや蒸留所の協力を得て、奥・山梨料理をさらにひきたてるマリアージュをご用意します。
シェフプロフィール豊島 雅也(とよしま まさや)
自らを「食猟師」と名乗り、レストランのかたわら、狩猟、養蜂、農業、キノコや山菜採取、ハーブ生産にも積極的に取り組む。フランス料理をベースにしながら、和食、
イタリアンの技法も積極的にとりいれ、独自の遊び心と探究心で地域の魅力を⽫に表現する富⼠山麓ガストロノミーが話題を呼んでいる。

1984年静岡県生まれ。20歳より料理の道に進み、静岡・愛知のホテルメインダイニングでの修行を経て軽井沢の星野リゾートに入社。「ユカワタン」にてスーシェフを勤める。2015年「星のや富⼠」立ち上げのため富⼠河口湖町に赴任。その頃から狩猟に魅了され、2017年退職後は独立して「TOYOSHIMA」開業。2024年「Restaurant SAI 燊」料理長就任。

<受賞歴>
2021年・2023年「ゴ・エ・ミヨ」3トック賞受賞
2022年「ゴ・エ・ミヨ」3トックテロワール賞受賞
2023年度農林水産省料理人顕彰制度「料理マスターズ」ブロンズ賞受賞。




食の可能性を追求する複合型レストランとしてのチャレンジ
「Restaurant SAI 燊」では、「食を通して生き抜く力を学ぶ」をテーマに、食にまつわる様々な実践をおこなう予定で、食の新たな可能性を追求する拠点としても機能します。
敷地内には、ハーブガーデンや野菜の自家畑、きのこや山菜の採集、養蜂ができるエリアを造成し、栽培された食材をつかった発酵や熟成のほか、将来的にはジビエの食肉処理場も構想中です。CO2排出削減のための落ち葉を使ったコンポストの採用、廃棄食材を使ったリプロダクト製品の開発などにも挑戦。シェフやスタッフとともに、食を扱う専門家から富士河口湖町を訪れるインバウンド層までが気軽に参加できる体験イベント、地元ワイナリーや生産者とのペアリングイベントも開催予定で、食にまつわるあらゆる活動にチャレンジできる拠点として、また、生きとし生けるものすべてにアンテナを巡らせ、創造的な知の探求をおこなう場として、活気あふれる場所になることを目指します。
きのこの菌打ち体験
薪割り体験
落ち葉を使ったコンポスト

「Restaurant SAI 燊」を支える生産者の皆さま
開業にあたっては、多くの地元の生産者、事業者にご協力いただいています。

HERB STAND富士北麓にて自家栽培したハーブと山に自生する草木を取り扱う。代表の平野優太氏は、ニュージーランド滞在中、ハーブを日常にとりいれるニュージーランド人達のライフスタイルに感銘を受け、帰国後は自然豊かな地を求め山梨県富士吉田市に移住。新たなハーブの可能性を体現するためHERB STANDをスタート。Restaurant SAI 燊では、敷地内のハーブガーデンの監修も担当している。
ハーブスタンド 
セブンシダーズワイナリー2022年富士河口湖にはじめて誕生したワイナリー。醸造家だけでなく、葡萄栽培者に光を当てたワイン造りをテーマに、葡萄の個性を最大限に表現するワインづくりをおこなう。セブンシダーズ(7本杉)は「河口浅間神社」にある7本の千年杉に由来。栽培・醸造責任者の鷹野ひろ子氏は、山梨大学工学部発酵生産学科卒業。在学中にワインの美味しさを知り、ワインづくりの道を志すように。複数のワイナリーでの醸造担当を経て、2021年よりセブンシダーズワイナリーの立ち上げに従事する。
セブンシダーズワイナリー 
笛吹オリーブオイル前田屋山梨県笛吹市で栽培から搾油までを行うオリーブオイルメーカー。代表の前田啓介氏は、プロミュージシャンとしての活動ののち、2012年に地元である笛吹市でオリーブオイル生産者に転身。丁寧に栽培・搾油された質の高いオリーブオイルは、全国の星つきレストランからも注目を集める。
2020年より毎年、OLIVE JAPAN金賞・銀賞の受賞が続いている。
笛吹オリーブオイル前田屋 
店舗概要
施設名:Restaurant SAI 燊(レストラン サイ)
開業日:2024年6月1日
住 所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖208-1
アクセス:
 車の場合 東富士五湖道路富士吉田IC・中央自動車道河口湖ICより約20分。駐車場あり
 電車の場合 新宿駅から河口湖駅まで約120分。河口湖駅よりタクシー約20分
 高速バスの場合 新宿駅から河口湖駅まで約105分。河口湖駅よりタクシー約20分
営業時間:17:30ドアオープン/18:00スタート 完全予約制
定休日:日・月曜日
座席数:22席(個室あり)
URL:
Instagram:@restaurant_sai_lake_saiko 
予約URL:
設計:坂野由美子(S PLUS ONE ARCHITECTURE)
施工:株式会社丸正渡邊工務所
ハーブガーデン監修:HERB STAND

開業前イベント出店情報
レストランのオープンに先立ち、東京都内でのイベントに出店いたします。「Restaurant SAI 燊」の世界観をいち早く味わっていただくとともに、豊島シェフ開発・監修の鹿肉ソーセージ(プレーン味・山椒味)もご用意しております。

「Tokyo Delicious Museum」
開催日:2024年5月17日(金)~19日(日)
開催場所:りんかい線国際展示場駅前 シンボルプロムナード公園内(石と光の広場・花の広場)
開催時間:11:00~21:30(ラストオーダー21:00)
URL:
「生き抜く力」をプロデュースする。アミューズ「Life Lab.」
アミューズは、2021年山梨県西湖に新本社 「アミューズ ヴィレッジ」を創設するとともに、新時代の文化を世界へ発信することを目指す、山梨の地域資産を活用したライフカルチャー事業を開始しました。「感動だけが、人の心を撃ち抜ける」のスローガンのもと、社員自らが地域資産の生産、加工、販売などを実践することで、山梨の魅力を再確認し、今後も真摯かつダイナミックに取り組みを加速させることで新たな感動を作っていきます。2023年には新部署「Life Lab.」(ライフ ラボ)を立ち上げ、部員自らが畑を耕し野菜やフルーツの生産・収穫、鹿や猪など害獣の狩猟活動、調理まで行うなど、自然の中での暮らしを実践しながら、アミューズ独自の切り口で地域資産の活用を目指していきます。新レストラン「Restaurant SAI 燊」も含め、これからも様々な地域資産や生産者の方々と繋がっていきながら、予測困難なこれからの時代を生き抜く力をプロデュースしてまいります。

アミューズ「Life Lab.」関連の経緯
2021年 7月 山梨県西湖に本社を移転
西湖のほとりにクラムチャウダー専門店「CALIN CHOWDER」オープン(現在は移転済)
2022年 6月 サスティナブルセレクトショップ「PLANET&ME」オープン
2023年 4月 Life Lab.発足
「シェフズコラボレーションダイニング」第1弾開催
7月 北杜市契約農園にて果樹栽培開始
10月 体験型ツアーイベント under the tree club「DOWN TO EARTH」開催
10月 「SAIKO HARVEST FESTA ~西湖収穫祭~」「シェフズコラボレーションダイニング」第2弾開催
2024年 6月 「Restaurant SAI 燊」オープン


株式会社アミューズ
代表者:中西 正樹
設立:1978年10月16日
事業内容:サザンオールスターズ、福山雅治ら多くのアーティストマネージメントをはじめ、映画など映像作品の制作および販売、オリジナル舞台制作を手掛ける総合エンターテインメント企業。近年、IP開発やライフカルチャーなど事業の幅を広げ、アミューズグループ内でのシナジーにより、文化を創造する総合エンターテインメント集団としての企業基盤の強化を図っている。

アミューズオフィシャルサイト:

あわせて読みたい

【奈良県橿原市】テーマは“共利共生”。豊田長屋を改修した食の複合施設「narawashi nagaya」がオープン
STRAIGHT PRESS
「みえガストロノミーツーリズム フェスタ」から見る三重の美食の未来
料理王国
夏季限定『パリパリカカオのかき氷』販売開始
PR TIMES Topics
【NIPPONIA HOTEL 函館 港町】期間限定!北海道産「オオズワイガニ」を味わい尽くす特別ディナープランを販売開始
PR TIMES
「7c villa & winery」開業のお知らせ
PR TIMES
キモノデザイナーJOTARO SAITO×陶芸家のSHOWKOコラボ作品
PR TIMES Topics
山梨県西湖に6月1日(土)オープン予定 富士北麓の食の拠点「Restaurant SAI 燊」
PR TIMES
富士山麓のダイナミックな食材を味わう“奥・山梨”のガストロノミー〈Restaurant SAI 燊〉。
Casa BRUTUS
【ラピデム】共同開発したフォーシーズンズオリジナル アロマオイルの提供開始
PR TIMES Topics
山梨県西湖に「Restaurant SAI 燊」オープン。富士北麓の豊かな自然を味わうガストロノミーレストラン
IGNITE[トレンド]
郷土愛に満ちた研究から生まれる “奥・山梨料理”を提供する 「レストラン サイ」の魅力とは
T JAPAN
〈6/1~30〉八芳園内の「RESTAURANT ENJYU」に山梨がテーマの期間限定コースが登場!5/28は山梨のワイナリー「ドメーヌ・デ・テンゲイジ」を迎えた一夜限りのメーカーズディナーを開催
PR TIMES
「ジョエル・ロブション」関谷健一朗シェフが『ゴ・エ・ミヨ 2024』選出。恵比寿で皿の上の芸術を
IGNITE[トレンド]
Visit Finland、美食のサイマー地域での食体験ベスト10をご紹介
PR TIMES
白井屋ホテル メインダイニング「白井屋ザ・レストラン」が世界的美食ガイド『ゴ・エミ・ヨ 2024』に3年連続掲載
PR TIMES
【速報】『ゴ・エ・ミヨ 2024』受賞者発表!グランシェフのインタビューをレポート
KIWAMINO
山梨の魅力を皿の上で!八芳園「RESTAURANT ENJYU」で地元食材の饗宴
IGNITE[トレンド]