Icon loading md
1878961 1 full 18f126af 61f7 4085 9813 30edfa348f61 uuiaxkmqtii5h7dfkuz6gpb5yzotnnpf
芸術の秋はアジア最高峰のショートフィルムをみよう!
ShortShorts
2015.09.30 00:00
アジア最大級 米国アカデミー賞公認国際短編映画祭がおくる”ショートフィルムの秋”
シネマミュージアム -秋の特別上映会 ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)は、ショートフィルムの魅力を広めることと若手映像作家の育成を目的に、東京国際映画祭の提携企画として、毎年秋にイベントを開催しています。今年の開催は、東京都美術館<10月14日(水)~18日(日)>とアンダーズ 東京 51階 アンダーズ スタジオ<10月13日(火)~16日(金)>の2会場で行います。映画祭グランプリ受賞作品他、芸術の秋にちなみ「アート」をテーマにセレクトしたプログラムなど6プログラムを上映します。その他、カンヌライオンズ審査員など、広告制作30年、エグゼクティブクリエイティブディレクター長谷部守彦氏が広告映像、ショートフィルムの未来を語るワークショップ、ご当地キャラが多数登場するイベントなど盛りだくさん!
芸術の秋はショートフィルムを鑑賞してみてはいかがです?

【上映作品一覧】※「さらに見る」からもご覧になれます。
「D-24」(韓国)
孤独な男は、寂しさを紛らわすため妻型アンドロイドD-24を注文した。そして24日後、待ちに待った「彼女」がやってきた。

「Tokyo Symphony」(日本)
音大の指揮科を卒業したエレナ。ある時、指揮者募集のポスターを目にする。オーディション会場を訪れると一人の老人が立っていた。老人は盲目の作曲家で未完の東京をテーマにした曲を完成させたいと言う。

「チベットの埃」(中国・フランス)
若き写真家が企画したチベット遊牧民の撮影会。個性豊かな村人たちが、エキゾチックな背景とともに次々と写真に納められていく。それぞれの写真から、村人たちのユニークな共通点が見えてきた。

「D.I.Y」(シンガポール)
いろんな人々の、それぞれのなんてことない日々の生活風景― 実は、全てがつながっていた。汚れた食器のぶつかり合う音、シーフードレストランの水槽をはじく指、貨物用エレベーターから聞こえるタップ・・・人間たちが奏でるちょっと不思議な音楽。 

「三月六日」(香港)
警察に連行されたデモ参加者3人と彼らに対面する3人の警察官。異なる政治的な考えを持つ6人が集まる一つのテーブル―その上で繰り広げられる人間ドラマ。



【チケット予約について】
「さらに見る」をクリック(タップ)すると、ショートフィルムフェスティバル&アジアのHPに遷移します。
該当会場の「チケット予約へ」ボタンをクリック(タップ)し、予約を完了させてください。
お申込みには、Peatix(www.peatix.com)の無料アカウント登録が必要となります。
お申し込みは各プログラムに対して、おひとり様2名分までご登録頂けます。
おひとり様が、異なるプログラムを複数お申し込み頂くことは可能です。



上映日:10/14 水 15:30-16:50 東京都美術館
上映日:10/16 金 12:10-13:30 東京都美術館
上映日:10/17 土 10:30-11:50 東京都美術館

関連コンテンツ