カジュアルなフラッグシップ ジープ・グランドチェロキー・リミテッドの真価

AUTOCAR JAPAN
2023.03.01 00:00
公開 : 2023.2.17
ジープ・グランドチェロキーの中でも、最もスタンダードなリミテッドに、雪山/林道で試乗しました。
出揃った注目のフラッグシップ
AUTOCAR JAPAN sponsored by Jeep Japan
フルモデルチェンジを果たした5代目「ジープ・グランドチェロキー」。先に導入されたロングホイールベース版グランドチェロキーLに加え、昨年10月末にスタンダードホイールベース版も追加されたことで、ジープファミリーの注目の1台となっている。
新型グランドチェロキーのボディはホイールベースの長短があり、それぞれシート配列が2列と3列になるという違いある。

それ以外にも3種類のパワートレイン(直4ターボ、PHEVの4xe、自然吸気V6)、そしてベーシックなリミテッドと上級のサミットリザーブという2種類のグレード分けも存在している。

これらのスペック的な違いを含みつつ、現在は5種類のモデルがラインナップされている。

今回はその中からスタンダードモデルとも言うべき「グランドチェロキー・リミテッド」(ガソリン/2列シート)にスポットを当て、ジープのフラッグシップであるグランドチェロキーの魅力について考えてみた。
グランドチェロキー・リミテッドは272psを発生する2Lの直4ターボと8速AT、そしてオンデマンド方式のAWDシステムを備えている。

サスペンションに関しては、クォドラリフト・エアサスペンションを装備するサミットリザーブに対し、リミテッドはコイルスプリングの仕様となっている。
グランドチェロキーのボディカラーは4種類。今回の試乗車のダイヤモンドブラッククリスタルP/C以外に、ブライトホワイトC/C、バルティックグレーメタリックC/C、ヴェルヴェットレッドP/Cがある。

またサミットリザーブの場合、全てのカラーでルーフがブラック仕上げになるという違いも存在している。
画像 どんな場所でも軽快/上質 グランドチェロキー・リミテッド【走破!】全27枚
軽快かつ盤石の走破性を備える
グランドチェロキーのスタンダードモデルであるグランドチェロキー・リミテッド。その走りを一言で表現するならば「軽快」という言葉が当てはまると思う。
エアサスを装備するサミットリザーブの懐の深い乗り心地は、ヨーロッパのライバルと肩を並べるようなプレミアム感につながっている。

一方、コイルスプリングを備えるリミテッドの軽快なハンドリングからはジープ一族らしいカジュアルさが伝わってくる。
ロングモデルとの125mmというホイールベースの違いも、取り回しのしやすさとリニアなハンドリングに繋がっているのである。

パワートレインも同様で、直列4気筒ならではの鼻先の物理的な軽さが高速道路でもワインディングでも確かなメリットになっている。
この4気筒ターボ・ユニットは軽いだけでなく、はっきりとしたパワーの高まりによってドライバーを楽しませてくれるエンターテイナーである点も忘れてはならないだろう。

リミテッドのクォドラトラックI 4✕4システムは普段はリア寄りの駆動配分により軽快なドライブフィールに貢献しているが、いざという時の安心感も高い。

今回の試乗では期せずして雪が降りはじめたため、セレクテレインシステムでSNOWモードを選び、雪のない幹線道路まで脱出しなければならないというシーンがあった。
すると軽快だったグランドチェロキー・リミテッドはジープ一族らしい盤石のオフローダーへと変身し、高い走破性を披露してくれたのである。
オフロード生まれ 充実の装備
今回の試乗では少しだけ寄り道をして、林道や大きな石が転がる河原でもドライブを楽しむことができた。

カメラマンの要望に応えてちょっとした段差に前輪を乗せた時に、これまでにないグランドチェロキーの真価を実感した。
サスペンションをフルストロトークさせる際の軋み音とは無縁のモノコックボディにまず感心させられたし、対角線上のタイヤが浮く寸前になっている様子も車体を通してつぶさに感じられる。

また、その際の車輛全周を映し出すカメラも実用的で、ボディの大きさや死角を感じさせなかった。

高速道路でドライブモードをAUTOに設定し、ACC(アダプティブクルーズコントロール)で楽ちんなドライブを楽しんでいる限り、グランドチェロキー・リミテッドは最新の普通車のように振舞っている。
だが状況が変わるとクルマ自体が的確に反応し、オフロード生まれのタフなDNAが顔を覗かせるのだ。
また、リミテッドはグランドチェロキーのスタンダードモデルという位置づけであるにもかかわらず、ADASをはじめとする安全装備も見劣りしない点も感心させられた。

確かにサミットリザーブや4xeといった上級モデルは相応のプレミアムな世界観を提供してくれる。

でもだからと言ってスタンダードモデルであるリミテッドが様々な装備を省略した廉価版というわけではない。
それはカジュアルなジープの最高峰と呼ぶべき魅力的な1台だったのである。
記事に関わった人々
執筆:吉田拓生
1972年生まれ。編集部員を経てモータリングライターとして独立。新旧あらゆるクルマの評価が得意。MGBとMGミジェット(レーシング)が趣味車。BMW 318iコンパクト(E46)/メルセデスBクラスがアシグルマ。森に棲み、畑を耕し蜜蜂の世話をし、薪を割るカントリーライフの実践者でもあるため、農道のポルシェ(スバル・サンバー・トラック)を溺愛。

撮影:神村聖
1967年生まれ。大阪写真専門学校卒業後、都内のスタジオや個人写真事務所のアシスタントを経て、1994年に独立してフリーランスに。以後、自動車専門誌を中心に活躍中。走るのが大好きで、愛車はトヨタMR2(SW20)/スバル・レヴォーグ2.0GT。趣味はスノーボードと全国のお城を巡る旅をしている。

あわせて読みたい

レトロなジープがEVに CJサージ・コンセプト公開 オフロード特化の専用デザイン
AUTOCAR JAPAN
「ジープ・ラングラー」や「グラディエーター」「グランドチェロキーL」の価格がアップ
webCG
香りに驚く!微発酵茶葉を使った緑茶『アサヒ 颯』
antenna*
総距離850kmのロングツーリングでわかった、スバルの「総合雪国性能」のスゴさ
BE-PAL
どんな道も力強く駆け抜ける古典的4WD車の最新形スズキ「ジムニー」
GetNavi web
一棟貸しの宿に泊まってワイワイ子連れ旅!おすすめ5選
るるぶKids
ショートボディ登場 ジープ・ラングラー・ルビコン(2ドア)日本発売 紫の限定色も
AUTOCAR JAPAN
本格クロカンの雄 ジープ・ラングラー 魅力はどこに? 限定車も
AUTOCAR JAPAN
グランドチェロキー4xe。Jeepラインナップ最高峰の魅力に迫る
Jeep®
同源異流の2台 ジープ・コマンダーとコンパス 比較試乗してみた
AUTOCAR JAPAN
輸入車チョイ乗りリポート 第1回:カモンベイビー アメリカ!
webCG
香りと爽やかさが魅力!緑茶『アサヒ 颯』が新登場
antenna*
ラングラー初のPHEV ジープ・ラングラー・アンリミテッド・ルビコン4xe日本発売
AUTOCAR JAPAN
ジープ・アベンジャー 電動化の嚆矢、日本を掠めた日 実車を見た印象は?
AUTOCAR JAPAN
香りと爽やかさが魅力!緑茶『アサヒ 颯』が新登場
antenna*
ラングラー4xeに右ハン予定はなし ジープ、次世代EVに注力 英国で7車種展開
AUTOCAR JAPAN
ホンダ「CL250/500」の登場で注目されるスクランブラーモデル5選
&GP
スッキリしていてゴクゴク飲める!緑茶『アサヒ 颯』
antenna*
「ラングラー」初のPHEVはオフロード性能がさらにアップ! 青いバッジが最強の証しだ
OCEANS
ジープ初のサブスク「Jeep First Ride」発表 ラングラーやコマンダーにも定額で
AUTOCAR JAPAN
【2023年最新】キャンプに必須!高機能アウトドアチェア19選
Jeep®