今年のクルマに輝くのは!? 最終確認を行う「10ベストカー試乗会」に潜入した

WEB CARTOP
2022.12.03 10:00
この記事をまとめると
■2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカー試乗会が開催
■当日の会場の様子をリポート
■最終結果は12月8日(木)に発表される
2022年を代表するクルマが勢揃い
  11月24日。千葉県にある袖ケ浦フォレストレースウェイで日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考試乗会が行われました。当日の会場の様子をリポートするとともに、日本カー・オブ・ザ・イヤーについて改めて紹介していきます。今年の「年クルマ」は一体どのモデルに!?
日本カー・オブ・ザ・イヤーとは?
  1980年から行われている日本カー・オブ・ザ・イヤー。その年に販売されたクルマのなかからもっとも優秀なクルマを決め、選ばれたクルマには「日本カー・オブ・ザ・イヤー」のタイトルを与えるというもの。タイトルを与えることで、その自動車の開発、製造事業者を称え、更なる性能・品質・安全の向上を促すと共に業界の発展と地球環境保護や交通安全に寄与することを目的としています。選考方法は以下のとおり。
一次選考
  60名の選考委員が最終選考に進む10車種を選考。選考委員は無報酬。投票数上位10台を最終選考の候補車(10ベストカー)とする。
二次選考
  二次選考では、各選考委員が持ち点である25点を10台の中から5台に配点。その中からもっとも評価するクルマに対しては必ず10点を与える。残りの4台に、9点を上限として残りの15点を振り分け、もっとも獲得点数の多いクルマがその年の日本・カー・オブ・ザ・イヤーに輝きます。
  なお、日本車が日本・カー・オブ・ザ・イヤーに選出された場合は、ノミネートされた輸入車のなかからもっとも得点が高かったクルマにインポート・カー・オブ・ザ・イヤーが与えられます。そのほかにもデザインが優れたクルマに贈られるデザイン・カー・オブ・ザ・イヤー。革新的な技術を備えたクルマに贈られるテクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー。感動的なドライブフィールのクルマにパフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー。そして軽自動車のみ対象となるK CAR オブ・ザ・イヤーがそれぞれ用意されています。
  今年10ベストカーに選ばれたのは以下の11台。今年は10位にランクインした車種が2台同票だったため、11台が10ベストとして残ることとなりました。それぞれを簡単に紹介していきましょう。
スズキ・アルト
  2021年12月にフルモデルチェンジが行われ9代目になったアルト。親しみやすさを重視したデザインとスズキ最新のパワーユニット&プラットホームが組み合わせられたモデルで、性能を大きく引き上げられた歴史あるベーシックモデルです。
トヨタ・クラウン
  今年7月に発表された現行モデルで16代目となったクラウンは、トヨタ車のなかでも歴史が長いモデル。現行モデルは、これまでのFRセダンというパッケージからFFベースの電気式4WD(E-Four)になり、ボディもクロスオーバーという新たなスタイルになって、大きな変化で話題となりました。
日産エクストレイル
  2022年7月にフルモデルチェンジし4代目となったエクストレイル。エクストレイルらしいタフな要素に上質さが追及されたモデルへと進化。メカニズムも可変圧縮エンジン、VCターボを搭載した最新のe-POWERや新世代4WDシステムのe-4ORCEなどを採用し、大きく進化しました。
日産サクラ/三菱eKクロス EV
  2022年6月に発売が開始されたサクラとeKクロスEV。日産と三菱の共同開発で誕生したこのモデルは軽乗用車の電気自動車ということで、軽自動車の新たな形として注目を浴びました。軽乗用車×電気自動車の組み合わせはもちろん、普通車にも負けない運転支援システムや質感の高さも魅力です。
日産フェアレディZ
  2022年初めの東京オートサロンで国内初公開となったフェアレディZ。大幅に進化した車体には新たに3リッターのV6ターボエンジンを搭載。トランスミッションは6速MTと9速ATの2種類から選択可能となっていて、ドライビングを純粋に楽しめるハイパワーRWDスポーツとして注目を浴びたモデルです。
スポーツカーから高級SUVまでノミネート
ホンダ・シビック e:HEV/シビックタイプR
  シビック e:HEVは2022年7月に販売を開始し、「スポーツe:HEV」と表現された走りの楽しいハイブリッドを搭載したことで話題となりました。シビックタイプRは歴代モデル同様、世界最速のFFを目指したストイックなモデル。市販FF車の究極と言える存在へと進化しました。
マツダ CX-60 e-SKYACTIV D
  2022年秋から販売が開始されたCX-60。マツダが新たに生み出したこの上級SUVは、新開発の縦置きエンジンプラットホームと新規の直列6気筒エンジンが話題を呼びました。今回選ばれたe-SKYACTIV Dは3.3リッターの新開発直列6気筒ディーゼルエンジンと48Vマイルドハイブリッドからなるパワートレインとなっています。
BMW iX
  2021年11月に登場したiXはBMWの電気自動車としてフラッグシップに位置付けられるモデル。それだけに電動のパワートレインはもちろん、運転支援システムや通信システムも最新のものを採用しています。また、各種メカニズムに合わせてデザインも内外装ともに非常に先進的な印象に仕上がっています。
ヒョンデ IONIQ 5
  2022年2月、久々に日本の乗用車市場に再参入した韓国の自動車ブランド、ヒョンデ。再参入の際に展開したラインアップは燃料電池車のネッソと電気自動車のであるこのIONIQ 5です。IONIQ 5は日本で主力となっているCHAdeMOの急速充電にも対応していて、日本でも扱いやすい電気自動車となっています。
ランドローバー・レンジローバー
  2022年1月に日本での受注を開始したレンジローバー。現行モデルは5代目となり、プラットホーム、エンジンラインアップ、デザインなど全般的に刷新されました。高級SUVの元祖とも言える伝統のモデルにふさわしい新型モデルへと進化を遂げています。
ルノー・アルカナ
  2022年5月に日本市場での販売が開始されたアルカナ。美しいルーフラインを持つクーペSUVスタイルが特徴的なエクステリアに、F1でのノウハウが生かされた独自のフルハイブリッドシステム「E-TECH HYBRID」を搭載。ルノーの新時代を感じさせるモデルです。
今回の試乗会は選考前最後の場
  今回、袖ケ浦フォレストレースウェイで行われた試乗会は、選考前最後となる試乗会です。選考委員によって考え方はさまざまではあるものの、それ以前の試乗などにより固まりつつある配点を決定する、最終確認の場としてあるのが今回の試乗会とも言えます。また、10ベストカーを同じ条件で一気に試乗できる機会もほかにはありません。各種試乗会に参加している選考委員にとっても、この最終試乗会はとても貴重な場なのです。
  そのため選考委員の方が各車を試乗する姿はもちろん、熟考する姿や「悩ましい……」という声を上げている様子も見受けられました。それだけ10ベストカーに残ったクルマは評価が高く、甲乙つけがたいということの表れと言えます。
  今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーの発表は12月8日の予定。どのクルマが受賞するのかはもちろんですが、各部門の受賞車も気になるポイントと言えます。また各受賞車だけでなく、選考委員の選考理由にも注目。自身が気になるクルマを選考委員が選んでいたら尚更チェックすべき。きっとクルマ選びの参考になるはずです。

あわせて読みたい

EVもいいけどHVを忘れちゃいかん! 2022-2023COTY10ベストのハイブリッド車4台の進化っぷりがヤバい
WEB CARTOP
21年ぶりの3車種ランクイン! 「日本カー・オブ・ザ・イヤー」で「サクラ」が同時受賞、「エクストレイル」が「テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー」受賞!
CARSMEET WEB
1点ものの日傘をあつかう「Coci la elle」を設立、 作家の ひがしちかさんの創作の原点、作品への思いなど伺います!
UR LIFESTYLE COLLEGE
ヒョンデもソニーもVWもセダンばかり! 電動化によって3ボックスは復活するのか?
ベストカーWeb
SUVで小回りコンパクトカー並み! 日産エクストレイル四代目の“輸入車超え”ポイント
FASHION BOX
【ガジェット特集】最新テクノロジーを搭載したガジェット18選
Jeep®
2022-2023「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の10ベストカーが決定! 今年は11台のなかからイヤーカーが決まる!!
AUTO MESSE WEB
日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員ってどんな人? 自分が高く評価したクルマを買うことはあるのか
WEB CARTOP
3月から5大ドームツアーも決まっているback number 清水依与吏さんライフスタイル!
UR LIFESTYLE COLLEGE
バッテリーEV軽自動車が初受賞!激動の「2022-23 日本カー・オブ・ザ・イヤー」をチェック
MADURO ONLINE
「テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー」受賞車に注目! 日本の自動車の将来を占う重要な指標だった
WEB CARTOP
TOKYO KIMONO SHOES、着物に新たな命を与える拠点として浅草にコンセプトショップを開設
PR TIMES Topics
今が大きな曲がり角!? 2022年クルマ業界5大ニュース
GOETHE
「ニッポンにZあり」と世界に誇れる! 2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤーで10点を入れたクルマとその理由【嶋田智之編】
WEB CARTOP
内なる充実のための“のんびり”を求めて、ドライブ旅へ。Honda ZR-V e:HEV× ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん
antenna*
大賞は“軽”の電気自動車!日本カー・オブ・ザ・イヤーから見えてきた日本車の未来
FORZA STYLE
日産アリアは3位 欧州カー・オブ・ザ・イヤー2023 受賞はジープ初のEV「アベンジャー」
AUTOCAR JAPAN
なぜヤンマーはサステナビリティ経営に自然体で取り組めるのか?110年受け継ぐ価値観を紐解く
antenna*
ついでに日本に導入切望!! インテグラが2年連続北米カーオブザイヤー獲得の快挙
ベストカーWeb
サクラ&eKクロスEVを評価せずして未来は語れない! 2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤーで10点を入れたクルマとその理由【御堀直嗣編】
WEB CARTOP
ヤンマーが発信する「HANASAKA」 次世代へ向けた新しいサステナビリティのカタチとは
antenna*