【トー横・暴行殺害事件から1年】ホームレスを土下座させ7時間暴行した犯人は「手加減をしていた」。キッズ支援者の“同志”が裁判傍聴で知った“違和感“と“しんどい子どもたち”のリアル

集英社オンライン
2022.11.26 17:01
「ちょうど1年前の今日。まさに彰さんの命の灯火が消えようとしている時、暴行の現場となったビルからわずか数十メートルしか離れていない路上で、私は10代の子どもたちを対象とした炊き出しをしていました。もともと被害者のかたとは支援活動を通じて知り合った“同志”でした。いっぽうの加害者は、私がおこなってきたサポートが必要な“しんどい子どもたち”でした。一体なぜあんな事件が起きてしまったのだろう? あの日か…

あわせて読みたい

幼稚園のお昼寝中、私の下着の中に男児の手が…「子ども同士の性被害」の耳をふさぎたくなる実態
PRESIDENT Online
「プロバイダ責任制限法改正」SNSの誹謗中傷は?
東洋経済オンライン
1点ものの日傘をあつかう「Coci la elle」を設立、 作家の ひがしちかさんの創作の原点、作品への思いなど伺います!
UR LIFESTYLE COLLEGE
5歳の子ども同士で起こった性被害。大反響の実話マンガ『なんで言わないの?』作者が伝えたいこと
女子SPA!
42歳の米人気歌手、またも性的暴行疑惑。17歳のファンをバスに連れ込み
女子SPA!
【ガジェット特集】最新テクノロジーを搭載したガジェット18選
Jeep®
リスカ・案件・DV・受け子…「親からは自覚のない虐待」「いつかはここを卒業したいけど…」支援者・“大阪のおかあさん“が見たトー横キッズ“しんどい子どもたち”の現実
集英社オンライン
「親が株で失敗すると風呂に沈められ…」施設を抜け、生きる気力を失った16歳と13歳カップルの夢は「17歳までに…」支援者・“大阪のおかあさん“と見たトー横キッズ“しんどい子どもたち”の現実
集英社オンライン
内なる充実のための“のんびり”を求めて、ドライブ旅へ。Honda ZR-V e:HEV× ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん
antenna*
義父が娘のヌード写真をコレクション、娘が殺害容疑で終身刑の可能性
FRONTROW
“トー横のハウル”勾留中に死亡 「このままで終わりじゃだめだろう」 辛坊治郎が警鐘
ニッポン放送 NEWS ONLINE
ドライブで訪れる軽井沢の最新スポット! カローラ ツーリング×プロスノーボーダー中村貴之
antenna*
「トー横のハウル」拘置所で死亡 「死因が分からないでは済まされない」辛坊治郎が指摘
ニッポン放送 NEWS ONLINE
極悪ポルノ男優、「重度の認知症」と診断される 米
Rolling Stone Japan
【ストーブ13選】アウトドアやおうちで使えるユニークな暖房ギア
Jeep®
「事件のその後」三島バイク交通死亡事故 加害者のウソを警察が鵜呑みに…遺族が慟哭「夫を亡くしても、私は被害者になれなかった」
現代ビジネス
法律関係者にDVに関する知識を学ばせる、カナダのオンタリオ州議会が全会一致で可決
FRONTROW
ヤンマーが発信する「HANASAKA」 次世代へ向けた新しいサステナビリティのカタチとは
antenna*
ロシアの「紛争下の性暴力」は軍事戦略、バイデン米大統領が対応強化へ
Harper's BAZAAR(ハーパーズ バザー)
愛が憎しみに変わる?別れの前後が最も危険になる、DV加害者によるストーカー被害の実際
All About