【島田雅彦 特別寄稿】「安倍銃撃」を通して明るみに出た「日本を売るエリートたち」という大問題

現代ビジネス
2022.11.25 06:00
今年3月に刊行された島田雅彦『パンとサーカス』(講談社)が、7月の安倍晋三元首相の銃撃事件後、大きな注目を集めた。日本社会の現実をフィクションの力で鋭く描き出した本書には、「要人暗殺」という出来事が描かれているからだ。著者の島田氏は、事件後の日本社会をどうみているのか。…

あわせて読みたい

安倍元首相銃撃 山上容疑者の精神鑑定 「通常より長い時間をかけ慎重に行われた」その背景を辛坊治郎が解説
ニッポン放送 NEWS ONLINE
「天国の安倍元首相が笑ってら」…安全保障の大転換となった「新安保戦略3文書」の見逃せないポイント
現代ビジネス
内なる充実のための“のんびり”を求めて、ドライブ旅へ。Honda ZR-V e:HEV× ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん
antenna*
「昭和天皇を暗殺する」「日本の女は男の寝床に這いつくばる」…!統一教会教祖が信者に語っていた、凄まじすぎる「日本憎悪の言葉」
現代ビジネス
「ひるみ続けるマスコミ組織人」に長澤まさみ主演『エルピス』最終回が灯した不穏の火
All About
不朽の名曲 「残酷な天使のテーゼ」を歌う高橋洋子さんのライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE
旧統一教会問題第一人者が語る「空白の30年」
東洋経済オンライン
〈安倍元首相襲撃事件から約半年〉伯父が語る山上徹也の今。「衣食住を与えてもろうて元気にしているようです」「英和辞典、参考書を差し入れた」「統一教会は今、逃げ回っている」
集英社オンライン
【DEAN & DELUCA】お弁当をつくる第二弾!「8種のアジアン薬膳わっぱ」を販売開始
PR TIMES Topics
〈安倍元首相襲撃事件で起訴〉伯父が語る山上徹也の今。「衣食住を与えてもろうて元気にしているようです」「英和辞典、参考書を差し入れた」「統一教会は今、逃げ回っている」
集英社オンライン
拘置所へ支援金殺到も反応薄く…山上徹也被告の「心の闇」は初公判で明かされるのか
現代ビジネス
なぜヤンマーはサステナビリティ経営に自然体で取り組めるのか?110年受け継ぐ価値観を紐解く
antenna*
山上徹也が本当に殺したかったものは何だったのか…令和のテロ事件から考える《安倍晋三銃撃事件、京アニ放火殺傷事件、川崎殺傷事件》
集英社オンライン
社会的弱者の男性が抱える〝上級国民〟への憤りの向かう先は…「ひとりで死ね」という言葉の持つ多面性
集英社オンライン
ジープ・コマンダーと行く週末ハイク&キャンプ
Jeep®
宗教「勧誘に注意」の報道で団体名を伏せられる謎
東洋経済オンライン
〈安倍元首相銃撃事件から約半年〉山上徹也伯父が今だから語れる“あの日”の出来事。「徹也の兄はろくに治療も受けられなかった」「家をでた母は妹にゴメンとつぶやいて…」統一教会のせいで家族はバラバラに…
集英社オンライン
3月から5大ドームツアーも決まっているback number 清水依与吏さんライフスタイル!
UR LIFESTYLE COLLEGE
〈安倍元首相銃撃事件で山上容疑者が起訴〉伯父が今だから語れる“あの日”の出来事。「徹也の兄はろくに治療も受けられなかった」「家をでた母は妹にゴメンとつぶやいて…」統一教会のせいで家族はバラバラに…
集英社オンライン
「家族解体」で教団依存を狙うカルトの悪質手口
東洋経済オンライン