FRBの利上げ期間「長期化観測」高まる、景気後退・株価下落リスクの行方 - 今週のキーワード 真壁昭夫

ダイヤモンド・オンライン
2022.11.15 04:40
11月10日、米国の10月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比7.7%上昇したことが明らかに。市場参加者は短絡的に「FRBの利上げ打ち止めが近い」と曲解し、株価が大幅反発した。しかし、米国の金融引き締めの遅れは深刻だ。CPI発表後、複数のFRB関係者は、「インフレ鎮静化のために金融引き締めを続ける見解」を改めて示した。金融引き締めが長引くリスクとして、新興国の経済と金融市場への打撃が懸念される。…

あわせて読みたい

「逆CPIショック」で株高ムードも上値は限定的?企業のインフレ体質定着リスク - マーケットフォーカス
ダイヤモンド・オンライン
「2023年の新興国市場」について投資家が押さえるべき7つのポイント | 債務問題から選挙まで─
COURRiER Japon
3月から5大ドームツアーも決まっているback number 清水依与吏さんライフスタイル!
UR LIFESTYLE COLLEGE
「日本のインフレ・円安はそろそろ終わる」、その見方が「かなり危うい」と言える理由
現代ビジネス
米失業率は最低水準、労働需給のひっ迫はFRBの意図通りに和らいでいるのか - 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層
ダイヤモンド・オンライン
沖縄の冬の風物詩をビールで表現したクラフトビール「島のスッジャ DRY STOUT」登場
PR TIMES Topics
「日本株売り」と「円高ドル安」の同時進行に要注意
東洋経済オンライン
2023年の2桁インフレは避けられない? 20年間で物価5倍も
現代ビジネス
なぜヤンマーはサステナビリティ経営に自然体で取り組めるのか?110年受け継ぐ価値観を紐解く
antenna*
米国株を左右するFRBの利下げはいつになるのか
東洋経済オンライン
「米国株は本格的に反発する」と見てもいいのか
東洋経済オンライン
内なる充実のための“のんびり”を求めて、ドライブ旅へ。Honda ZR-V e:HEV× ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん
antenna*
米国の株価を大きく下落させる「2つのリスク」
東洋経済オンライン
米CPI上昇率が7.1%に減速 インフレ収束にはなお不透明感
Forbes JAPAN
【冬キャンプ特集】初めてでも安心!寒さ対策万全キャンプギア13選
Jeep®
米国株「弱気相場は終わっていない」 ゴールドマンなどが警鐘
Forbes JAPAN
アメリカ株はひと休み後、結局再上昇しそうだ
東洋経済オンライン
FRB、来年の政策金利見通しは5%超に引き上げ 当面利上げ継続へ
Forbes JAPAN
バイラ読者の気になる経済キーワード1位! 「インフレ」について大江麻理子キャスターと深堀り!【働く30代のニュースゼミナール vol.32】
@BAILA