いま、死刑制度のある先進国は日本とアメリカのみ――宮下洋一『死刑のある国で生きる』12月15日(木)発売決定!

PR TIMES
2022.11.08 13:00
株式会社新潮社
死刑廃止は、本当に唯一の答えなのか。各国の現場を丹念に取材したルポ

 株式会社新潮社は、ジャーナリスト・宮下洋一さんのルポ『死刑のある国で生きる』を、2022年12月15日(木)に刊行いたします。安楽死や生殖医療など、長年、「生と死」をテーマに取材してきた宮下洋一さんが、今回テーマに選んだのは「死刑」です。

 いま、死刑を行なっているのは独裁国家や一部の後進国だけであり、世界は死刑廃止へ向かっています。そうした風潮のなか、先進国の中で死刑制度を維持する二つの国である日本とアメリカは、ずっと批判にさらされてきました。なぜ今、世界中で死刑が廃止に向かいつつあるのか。そのなかで死刑を維持し続ける国には、どんな理由があるのか。一方、実際に死刑を廃止した国では、いま何が起きているのか。アメリカ、フランス、スペイン、日本を訪れ、死刑囚や未決囚、仮釈放中の殺人犯、被害者遺族、加害者家族などに丹念に取材を重ね、死刑の意味に迫っていきます。
■アメリカと日本の死刑の違い
 同じ死刑のある国でも、死刑をめぐる状況はそれぞれ異なります。日本では、死刑が確定すると、親族や弁護士、支援者以外は死刑囚に会えなくなります。死刑がいつ執行されるかも、どのように執行されたかも、知ることはできません。しかしアメリカのテキサス州では、死刑囚の顔写真や生年月日だけでなく、死刑執行予定日までがネットに公開されます。死刑囚がOKすれば面会は自由で、死刑執行の瞬間を死刑囚の家族と被害者遺族、そしてメディアが見守ることができます。

 宮下さんはアメリカに渡り、一人の死刑囚と面会します。そして、死刑囚は死刑を前に何を考えるのか、死刑判決によってどう変わっていくのかを対話の中から探っていきます。


■死刑を廃止した欧州で何が起きているのか
 ヨーロッパでは死刑が廃止されています。しかし全員がそれを歓迎しているわけではありません。たとえばスペインでは殺人罪の刑期が10年~15年。早ければ7年ほどで仮釈放されます。小さな村であれば、出所した加害者と被害者家族が目と鼻の先に住むこともありえます。宮下さんは、実際にそういう事態が発生した村を訪れ、死刑廃止という理想の裏でもがき苦しむ遺族たちに取材します。


■フランスで起きている「新たな死刑」
 「人権大国」というイメージのあるフランスですが、実は死刑を廃止したのは西ヨーロッパの中では遅く、40年ほど前までギロチンによる死刑が行なわれていました。またフランスでは死刑廃止に至った40年前も今も、死刑を支持する世論は強く存在します。それでも死刑を廃止できたのはなぜなのか。そして、廃止から40年を経て、いま注目されている「新しい死刑」とは一体何なのでしょうか。理想と現実の乖離に迫ります。


■死刑廃止は唯一の答えなのか
 世界が死刑廃止へ向かう風潮のなか、アメリカと日本は批判にさらされてきました。しかしそれは本当に正しいことなのでしょうか。宮下さんはアメリカ、ヨーロッパでの取材体験を元に、いよいよ日本取材に挑みます。日本人にとって死刑とは一体何なのか。今後どうなっていくのか。いくつかの事件を取り上げ、死刑の意味に迫っていきます。


■著者紹介:宮下 洋一(ミヤシタ ヨウイチ)
(C)新潮社
1976年長野県生まれ。幼少期から語学が好きで、高校卒業後に単身アメリカへ渡り、米ウエスト・バージニア州立大学卒。その後、渡欧してバルセロナ大学大学院で国際論修士、ジャーナリズム修士。フランス語、スペイン語、英語、ポルトガル語、カタラン語を話し、フランスとスペインを拠点としながら世界各地を取材している。著書に、講談社ノンフィクション賞を受賞した『安楽死を遂げるまで』、Yahoo!ノンフィクション本大賞にノミネートされた『安楽死を遂げた日本人』、小学館ノンフィクション大賞優秀賞の『卵子探しています 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて』、『ルポ 外国人ぎらい』などがある。


■書籍データ
【タイトル】死刑のある国で生きる
【著者名】宮下 洋一
【判型】四六判(384ページ)
【定価】1,980円(税込)
【発売日】2022年12月15日
【ISBN】978-4-10-354861-4

あわせて読みたい

「カリブ海ってどんな地域?」2分で学ぶ国際社会 - 読むだけで世界地図が頭に入る本
ダイヤモンド・オンライン
イラン、今年の死刑執行500人超に急増
AFPBB News オススメ
【特製パーカをプレゼント】中村貴之がカローラ ツーリングと提案する“新しい軽井沢”体験
antenna*
COP27閉幕 結果はどうなった?合意のポイント3つと知っておくべきこと
ELEMINIST
「ABUSE IS NOT LOVE」【イヴ・サンローラン】が認知・啓発のためのイベントを実施
SPUR.JP
【冬キャンプ特集】初めてでも安心!寒さ対策万全キャンプギア13選
Jeep®
死刑に参加した刑務官が明かす…死刑囚の「首にロープをかける」異常な瞬間
現代ビジネス
死刑に参加した刑務官が明かす…落下直後の死刑囚の「心臓が停止する」のを見届ける「精神的苦痛」
現代ビジネス
秀衡塗の伝統技術が活きる、漆塗りの Fire-King プロダクトの新作「グラニット」を展開
PR TIMES Topics
妊娠中の妻や5歳の娘を惨殺し火を放つ…そんな米死刑囚が執行直前に日本人ジャーナリストに語った"本音"
PRESIDENT Online
「絞首刑台のスイッチは4つあって4人で押す。その執行手当が2万円。押したら罪の意識は消えません」【辞任した“死刑はんこ大臣”に元刑務官たちが怒り心頭】
集英社オンライン
内なる充実のための“のんびり”を求めて、ドライブ旅へ。Honda ZR-V e:HEV× ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん
antenna*
イラン、2人目のデモ参加者の死刑執行 国際的非難強まる中
AFPBB News オススメ
ヒジャブめぐるデモ参加者、初の死刑執行 イラン
AFPBB News オススメ
ドライブ旅を通じて磨く、感性と“異彩”。Honda ZR-V e:HEV × ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん
antenna*
「死刑のはんこを押す地味な役職」葉梨法相の失言 「歴代法相には失言者が多い。そういう人が当てられるポジション」辛坊治郎が指摘
ニッポン放送 NEWS ONLINE
政治家の失言・珍言2022「死刑のはんこ」「私の新曲」「ロシアより許せない与党」 - News&Analysis
ダイヤモンド・オンライン
3月から5大ドームツアーも決まっているback number 清水依与吏さんライフスタイル!
UR LIFESTYLE COLLEGE
「美由紀と出会って本当の愛を知った」獄中死した上田美由紀死刑囚はなぜ地元新聞記者を虜にできたのか。スナックで2~3度ついたら男女の関係を許す驚きの寝技。“毒婦”木嶋佳苗との不思議な共通点と類似点
集英社オンライン
女性死刑囚の心に迫る柚月ミステリーの新境地!『教誨』 発売たちまち重版!
PR TIMES