食堂のように気軽にフランス料理を楽しめる、「Cantineコトイチ」が11月7日に静岡県静岡市清水区草薙にOPEN!

PR TIMES
2022.11.07 12:04
Cantineコトイチ
敷居が高いと思われるフレンチを、街の食堂感覚で身近に・気軽に、より多くの方に楽しんでもらいたいという思いのもと、Cantine(カンティーヌ) コトイチをオープンいたします。

この度、静岡県静岡市清水区草薙にCantine(カンティーヌ)コトイチを11月7日(月)にオープンすることをお知らせいたします。静岡市清水区の本格フレンチレストランで修業を積んだシェフが作るフレンチを、アペロ(一皿料理)を中心とした料理で食堂感覚で気軽に楽しんでいただける、新しいフランス料理の楽しみ方をご提供いたします。


コンセプト

高級料理で敷居が高いと思われがちなフレンチを、より気軽に多くの方に楽しんでもらえるお店を出店いたします。店名につけたカンティーヌというフランス語で「食堂」という意味の言葉が表すように、フランス料理を身近なものに感じていただき、より多くの方に楽しんでいただくことで、フランス料理の魅力を感じてもらえる、街に根差し、地域の方に愛される場所となることを目指しています。

食材は地元静岡産のもに加え、日本・世界から素材を集めることで、旅行や遠出がしにくい時世に静岡以外の土地の食材を楽しんでいただき、それぞれの土地のことやフレンチの調理方法・料理について知っていただいたりと、新しい情報の発見も一緒に楽しんでいただけたらと考えております。もちろんドレスコードもありません


料理

静岡市清水区の本格フレンチで修業をしたシェフが厳選するジビエなどの肉料理の素材の旨味をハーブ・スパイスの香りで引き立て、伝統的なフランス料理の調理方法で仕上げる本格フレンチをお楽しみいただけます。アペロ(小皿料理)、メインディッシュ、スープ、デザートといったフレンチの食事を用意しております。お食事を楽しんでいただいたり、飲みながらおつまみを楽しんでいただいたり、また特別な日をコース料理で楽しんでいただいたりと、お客様のご希望に沿ってご利用いただけるように、アラカルトからコース料理のご提供までご用意をしております。


オープン記念ピックアップ食材

農薬化学肥料を使わない心のこもった丁寧な作り方で、西洋野菜をはじめとした見た目にも美しい野菜をご夫婦で作られている福岡県糸島の野菜やトラキ様の野菜をご用意できる運びとなりました。

各種メディアでとりあげられているように、私たちが目指している地域に根差した場所作りを、糸島で野菜を通じて実施されており、トラキルートを通じ、食を発信するプロジェクトをされている野菜やトラキ様の野菜を使用させていただきます。(仕入状況・オーダーの状況によりご提供数量に限りがございます)


野菜やトラキ様

インスタグラム:
Toraki_instagram
外観

フランスの路地に佇む食堂をイメージした間接照明とアイロンサイン。格式ばらない馴染みやすいお店をイメージしております。
店舗外観
内装

店内はお客様が居心地よく食事を楽しめる空間を意識しました。開放感のある店内を白と木材でまとめ、奥の壁はフレンチブルーでアクセントを加えています。カウンターが高い位置にしており、お客様の空間を大事にした作りに仕上げました。
店舗内装
オーナーシェフについて

荒木佑也 神奈川県出身 出身地神奈川でキャリアをスタートし、料理の知識・技術を確かなものにしたいと静岡県に移住しフレンチ料理の世界に飛び込む。静岡県清水の本格フレンチレストランにて、二つ星フレンチレストランでのキャリアを持つシェフに従事し修業をする。2022年レストランの閉店に際し、フレンチの魅力をより多くの方に楽しんでいただけるスタイルで提供をしたいという思いからカンティーヌコトイチをオープン。


■店舗情報
店舗名称  :Cantine(カンティーヌ)コトイチ
所在地   : 〒424-0886 静岡県静岡市清水区草薙1-14-9

営業時間  :[月-土] 15:00-22:00 ラストオーダー 21:30
インスタグラム KOTOICHI_CANTINE
Instagram URL
定休日:日曜日

電話:054-347-0607
店内:4名 テーブル×3 6名テーブル×1 カウンター4名

あわせて読みたい

残席わずか!フランス・パリより招聘、ミシュランシェフ 中谷慎祐による大晦日&元日限定プレミアムディナー
PR TIMES
美味しい、居心地良い、使い勝手最高! 三拍子揃った「行きつけにしたい店」はココ
LEON.JP
【冬キャンプ特集】初めてでも安心!寒さ対策万全キャンプギア13選
Jeep®
東宝日比谷プロムナードビルにフレンチの店「東京會舘 Drape(ドレープ)」がオープン!コンセプトは舞台
IGNITE[トレンド]
アラン・デュカス氏が語る、成功の秘訣とフランス料理の未来とは?
LEON.JP
1点ものの日傘をあつかう「Coci la elle」を設立、 作家の ひがしちかさんの創作の原点、作品への思いなど伺います!
UR LIFESTYLE COLLEGE
【奥入瀬渓流ホテル】渓流の瀬音に耳を傾け、美しい雪景色を眺めながら極上の時間を過ごす、冬の「渓流アペロ」新登場|期間:2022年12月16日~2023年3月25日
星野リゾート
【この冬特大ブームの予感!!】フランスからやってきたおしゃれ&映え度1000%の野菜のお惣菜「クリュディテ」とは…?
PR TIMES
【特製パーカをプレゼント】中村貴之がカローラ ツーリングと提案する“新しい軽井沢”体験
antenna*
西麻布〈N’onaka(ノナカ)〉でビストロにクラシック回帰|寺尾妙子のNEWSなレストラン
Casa BRUTUS
「こんなの食べたことない!」驚きのコース展開にときめく人気店
東京カレンダー
TWG Tea厳選の3種類のお茶をアソートメントにしたティーセレクションを数量限定で発売
PR TIMES Topics
【Zeroカレー スタート】コロナ打撃フレンチレストランが作る
sotokoto online
評判のタコスはメキシコ人も絶賛!旅気分で訪れたい「北出食堂」(東京・岩本町)
家庭画報
なぜヤンマーはサステナビリティ経営に自然体で取り組めるのか?110年受け継ぐ価値観を紐解く
antenna*
“現地そのままの味”が大人気!東麻布のギリシャ料理「タベルナ ミリュウ」
家庭画報
コロナ打撃フレンチレストランが作る「Zeroカレー」スタート
PR TIMES
〈フロリレージュ〉川手寛康シェフが父に捧げるハンバーグ
BRUTUS
Gastronomic City MIE & WAKAYAMA紀伊半島から世界に発信、ローカル・ガストロノミーの名店。
Safari Online