かつてNATOの脅威だった飛び地防衛のロシア第11軍団1.2万人が消滅

Forbes JAPAN
2022.10.31 09:30
6年前、ロシア海軍は新たな軍団を結成し、その仕事はカリーニングラードを防衛するためだった。バルト海南岸のポーランドとリトアニアの間に位置するロシアから地理的に離れている飛び地だ。2022年、ウクライナ戦争がロシアにとって非常に不利になり始め…

あわせて読みたい

「反撃の反撃」も失敗、ウクライナ東部の村がロシア軍を焼き尽くす溶鉱炉に
Forbes JAPAN
ロシア軍が来年初めにも猛反撃との見方は「少しきな臭い」 防衛研究所幹部が予測「来春ごろの可能性はあり得る」
ニッポン放送 NEWS ONLINE
人気占い師シウマさんオススメの開運スポットも紹介!カローラ スポーツでドライブ旅
antenna*
ウクライナ南部で停電・断水 ダム損傷か
AFPBB News オススメ
ポーランドへのミサイル着弾と各国の対応が「停戦交渉開始間近」と考えられるワケ
現代ビジネス
【冬キャンプ特集】初めてでも安心!寒さ対策万全キャンプギア13選
Jeep®
ロシア軍、引っ張り出してきた旧式戦車「T-62」をほぼ無傷で戦場に放置
Forbes JAPAN
「裏切り者ではない」 ウクライナ側で戦うロシア人部隊
AFPBB News オススメ
30歳を迎えた吉岡里帆と、4月9日に30歳になる ももさんの同世代トーク!
UR LIFESTYLE COLLEGE
WW2で活躍したウクライナ軍の榴弾砲は今でも現役で活躍中
Forbes JAPAN
東部戦線、こう着も進撃継続 士気なお高いウクライナ軍
AFPBB News オススメ
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*
ポーランド着弾、責任はロシアに 米国防長官が示唆
AFPBB News オススメ
なぜ、ロシアのヘルソン撤退が疑いの目で見られるのか
Forbes JAPAN
旬の苺をアレンジした数々のスイーツをお届け「苺づくしのストロベリーアフタヌーンティー」開催
PR TIMES Topics
ウクライナで大活躍、ピックアップ・トラックは兵器なのか
Forbes JAPAN
「二度と侵入させない」 ウクライナ軍、北部国境の監視強化
AFPBB News オススメ
【特製パーカをプレゼント】中村貴之がカローラ ツーリングと提案する“新しい軽井沢”体験
antenna*
揺れるベラルーシのウクライナ戦争での立ち位置
Wedge[国際]
車のホイールをストーブに 電力不足のウクライナ支援 リトアニア
AFPBB News オススメ
2022年をプレイバック!人気記事ランキングTOP10
Jeep®