上半期はN-BOXが僅差でヤリスに勝利! それでもトヨタの販売力は驚異的なレベルだった

WEB CARTOP
2022.10.18 17:30
この記事をまとめると
■自販連と全軽自協から2022事業年度締め上半期の新車販売ランキングが発表された
■2022事業年度締め上半期にもっとも売れた新車はホンダN-BOXとなった
■登録車ではトヨタ車がベスト10に7車入り、「トヨタ強し」の印象は相変わらず
N-BOXとヤリスの販売台数差はわずか2625台
  自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)から、2022年9月単月の車名(通称名)別新車販売ランキングが発表されると、それと同時に2022事業年度締め上半期(2022年4月~9月)の新車販売ランキングも発表された。
  登録車と軽自動車の販売ランキングを合算すると、2022事業年度締め上半期にもっとも売れた新車はホンダN-BOXとなった。新型コロナウイルスや半導体不足などで思いどおりに新車を生産できないなか、2位のトヨタ・ヤリスにわずか2625台の僅差というデッドヒートでのトップであった。
  この2車のデッドヒートはいまに始まったわけではない、2021事業年度締め年間販売台数(2021年4月~2022年3月)ではN-BOX、2021事業年度締め上半期販売台数(2021年4月~9月)と2020事業年度締め年間販売台数(2020年4月から2021年3月)ではヤリスがトップになっている。
  N-BOXは2022年8月に、例年でも工場稼働率が下がる(お盆休みなどがあるため)8月にしても、約1.1万台まで販売台数が落ちていたが、2022年9月は約1.9万台まで盛り返している。約2600台の僅差で2022事業年度締め上半期販売台数でトップとなっていることを見ても、上半期締めでの販売トップを狙おうと9月は奔走した様子が見て取れる。
  トヨタ・カローラが3位に入っているが、これはセダン、ツーリング、スポーツが改良を控え、オーダーストップ後も改良前モデルのバックオーダー消化のための生産を続け、さらにハイブリッドを中心に深刻な納期遅延となっているカローラクロスのバックオーダーを可能な限り消化していこうとしている結果が出ているように見える。
  軽自動車では5位のスズキ・スペーシアと8位のダイハツ・タントとの販売台数差が1万台強となっている。タントは10月3日に改良を行うとともに、派生モデルとなるタント・ファンクロスが新規設定された。その外観を見てもわかるとおり、これはスペーシアギアのライバルとなるのは誰が見ても明らか。
  現行タントはデビュー直後から販売に勢いはなかったものの、スペーシアはスペーシアギアを設定し、これがスペーシアの販売台数に上積みされることになり、ここのところはスペーシアに押され気味の状況が続いていた。そのような背景でファンクロスが追加設定となったかは定かではないが、派生モデルによる販売台数の上積みでタント全体の販売強化を狙っているのは間違いないだろう。
  ダイハツはスズキ・ハスラーのライバルとされるタフトを市場投入するが、ハスラーの勢いを抑えることができていない。ブランド別で2022事業年度締め上半期販売台数をみると、軽四輪車全体ではダイハツがスズキを抜き軽自動車販売台数ナンバー1となっているが、軽四輪乗用車ではスズキがナンバー1となっており、軽商用車に依存したダイハツのナンバー1という傾向がここ数年続いている。
  ダイハツは生産や納車の滞りが目立つなか、タントの改良モデルや、ムーヴキャンバスなどのテレビコマーシャルを積極放映している。これはすでに2022暦年締め(2022年1月~12月)での、ブランド別軽自動車年間販売台数トップ死守だけでなく、軽四輪乗用車でもナンバー1を奪取しようとする動きのようにも見える。
慢性的な納期遅延が続くも「販売のトヨタ」に死角なし
  納期遅延という問題が依然として横たわっているので、なかなか思うように進まないだろうが、軽自動車の購入を考えている人はこれから年末までは狙い目といえるだろう。たとえ2022年内に納車が間に合わなくとも、2023年3月までに納車が間に合えば、2022事業年度締め年間販売台数にカウントできるので、好条件が十分狙えるからである。
  登録車だけで上位10車をみると、トヨタ車が7車入っている。日産やホンダはトヨタに比べると納期遅延の深刻度は低いが、それでもトヨタ車購入希望者が流れてくるという傾向は目立って見られない。
  トヨタの現状の販売手法は既納ユーザーへの乗り換えを強化している。すぐに新車が欲しいという人に売るのではなく、新車への乗り換えを考えていなかった人へ新車を売っているとも聞いている(2021年にアルファードの新車を買った人に、次期型アルファードへの乗り換えを進め仮受注のようなものをとっているといった話も聞いている)。こうなれば、納期遅延というものがそれほどネガティブには捉えられることは少ない(もともと買う気がなかったので)。「販売のトヨタ」が仕掛ける総力戦の前には「納車がトヨタより早い」というのはあまり意味をなさないようだ。
2022事業年度締め上半期新車販売ランキング・トップ30
 ホンダN-BOX 8万6876台 トヨタ・ヤリス 8万4251台 トヨタ・カローラ 5万7850台 日産ノート 4万9492台 スズキ・スペーシア 4万8905台 トヨタ・ルーミー 4万6456台 ダイハツ・ムーヴ 4万3926台 ダイハツ・タント 3万8735台 スズキ・ワゴンR 3万8140台 ホンダ・フリード 3万7475台 トヨタ・ライズ 3万6050台 日産ルークス 3万4779台 スズキ・ハスラー 3万3978台 スズキ・アルト 3万1165台 トヨタ・ノア 2万9265台 ダイハツ・ミラ 2万8444台 トヨタ・アルファード 2万7308台 ホンダ・フィット 2万7159台 トヨタ・ヴォクシー 2万6716台 日産セレナ 2万6666台 ダイハツ・タフト 2万6532台 トヨタ・アクア 2万6150台 トヨタ・シエンタ 2万5381台 ホンダ・ヴェゼル 2万2193台 スズキ・ジムニー 1万9970台 ホンダN-WGN 1万9240台 トヨタ・ランドクルーザー 1万8989台 スズキ・ソリオ 1万8727台 ホンダ・ステップワゴン 1万8710台 日産デイズ 1万8104台

あわせて読みたい

XV改名したけど……せっかくのネームバリュー捨てていいの? 名称変更の功罪
ベストカーWeb
いま新車の買い替えは「逆算」して考える必要あり! 納期遅延が深刻ないま「いつ買えば」「いつ乗れる」?
WEB CARTOP
1点ものの日傘をあつかう「Coci la elle」を設立、 作家の ひがしちかさんの創作の原点、作品への思いなど伺います!
UR LIFESTYLE COLLEGE
うーん迷う!! 納期を取るか値引きを取るか? 賢い兄弟車の購入方法
ベストカーWeb
祝・軽自動車のカー・オブ・ザ・イヤー受賞!! 2022年“気になった”軽自動車5選
&GP
ヤンマーが発信する「HANASAKA」 次世代へ向けた新しいサステナビリティのカタチとは
antenna*
新車は続々登場するのに「売るクルマがない」! 販売ランキングから読み解く先の見えない新車セールスのいま
WEB CARTOP
深刻な納期遅延のなか「軽の未使用中古車」が大量に並ぶ! 謎の光景の真相とは?
WEB CARTOP
【ストーブ13選】アウトドアやおうちで使えるユニークな暖房ギア
Jeep®
「ユーザーの皆さんもホントにそれ必要?」決算会見でスズキ社長が激白!「スズキの作るクルマ」はなぜ売れる?
ベストカーWeb
乗用はN-BOXだけど商用車は何が一番売れてる? 気になる販売台数ランキングを調べてみた
WEB CARTOP
【MT. FUJI SATOYAMA VACATION】桜が見頃の季節1日1組限定プランの予約受付開始
PR TIMES Topics
じつはまだまだ元気な内燃機関! 純粋な現行国産エンジンモデルを数えたら92車種もあった
WEB CARTOP
マイチェンしたタントのキモ、SUV風味特濃「ファンクロス」投入でN-BOX&スペーシアを追撃できたのか!?
ベストカーWeb
3月から5大ドームツアーも決まっているback number 清水依与吏さんライフスタイル!
UR LIFESTYLE COLLEGE
N-BOXとルーミーが売れる「好ましくない」事情
東洋経済オンライン
なんで高額車がこんなに売れる!? 絶好調アルファードを買ってる人って誰?
WEB CARTOP
第2弾!96(KURO)アウトドアシリーズより「黒染め焚火台」登場
PR TIMES Topics
新型プリウス登場で変革あり!? これ知らないとヤバい「人に教えたくないおススメ超絶買い得車」
ベストカーWeb
モテ要素満載。2022年に売れた日本車トップ10+1
FORZA STYLE