いまモデル末期のお得な「たたき売り」は期待できない! 改良直前のカローラやタントが販売ランキング上位にくる異変を分析する

WEB CARTOP
2022.10.17 10:00
この記事をまとめると
■2022年9月の車名別新車販売ランキングの結果を分析
■トヨタ・カローラシリーズとダイハツ・タントが上位に入っている
■モデル末期の在庫処分を進めているのがランクインの理由
N-BOXがヤリスを抑えて首位に
  自販連(日本自動車販売協会連合会)から登録車、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)から軽自動車の、それぞれ2022年9月単月の通称名(車名)別新車販売ランキングが発表された。登録車と軽自動車を合算した(含軽統計)ランキングによると、販売ナンバー1となったのはホンダN-BOXで、2022年6月以来久しぶりにトップとなった。前月となる2022年8月が約1.1万台と控えめな数字だったので、“何か企んでいるのかな?”と思ったが、半期や年度末など節目を意識するホンダらしくナンバー1を取ってきたようにも見える。事実、2022年度締め上半期(2022年4月~9月)新車販売台数では、2位のトヨタ・ヤリスに僅差ながらトップとなっている。
  新型となってから、初めてのフルカウントとなるトヨタ・シエンタは7785台で、登録車のみで6位に入っている。ライバルのホンダ・フリードは8月までは異例なほどの短い納期でシエンタ追撃を狙っていたが、9月に入り生産工場の稼働率が下がり、工場出荷時期の目途が一気に半年まで伸びた。そのためフリードはシエンタに22台差で8位となっている。工場の問題がなければシエンタを販売台数では軽く抜いていたことになっていたかもしれない。シエンタは生産車種の絞り込みを行い、部品供給状況もまずまずとの話もあるのか、現状の納車予定は2023年1月中旬以降となっているので、今後もランキング上位の常連となっていくかもしれない。
  興味深いのが、総合で3位に入っている、ダイハツ・タント、10月3日に改良と派生モデル設定を実施、5位に入っているトヨタ・カローラも10月3日に、セダン、ツーリング、スポーツの一部改良を実施しているところ。平時ならば改良直近となる9月はモデル切り替えの端境期となるので、販売台数が落ち込む傾向を見せるのだが、タントは前年同月比186.4%、カローラ系は114.4%となっている。カローラは7月141.2%、8月103.2%とまさにラストスパート状態が続いていた。タントは2022年8月比で192.9%と急伸している。
マイナーチェンジ前の在庫処分の手法が数値に現れた
  この2車の動きはまさに新車販売異常事態ともいえるいまだからこその傾向といえるだろう。カローラは新型コロナウイルス感染拡大による生産工場の稼働悪化や部品不足で思うように生産ができないなか、改良を直前に控えても抱える改良前のバックオーダーをさばくのに必死な様子が伝わってくる。タントも状況は同じなのだが、軽自動車は年頭に未使用中古車専業店にその年の供給台数を大手業者とメーカーで確約しているようだとの話も聞く。いまの状況では計画的な供給ができないので、最後になってラストスパートをかけて供給しているのではとも思える動きに見える。タントの場合は個々のエンドユーザー分というよりは、未使用中古車業者向けの生産がメインと考えれば、しばらくすると、未使用中古車専業店に改良前タントがずらりと並ぶかもしれない。
  それにしても、深刻な納期遅延車をより多く抱えるトヨタが登録車のみの販売ランキングトップ10に8車がランクインしている。総合ランキングでヴォクシーが8位、ノアが11位に入っているのは、事業年度締めの上半期末ということもあり、溜まっているバックオーダーの消化を9月に積極的に行ったのかもしれない。
  軽自動車のみで販売上位車種の多くは前年同月比で100%超えをしているなか、日産ルークスは64%と苦戦している。これは言わずと知れたことでもあるが、日産サクラにお株を奪われていると見ることができるだろう。
  現状では今回のカローラやタントのように、オーダーストップ以降もバックオーダー消化のためと思われる、積極的な生産を続けている。平時のようにモデルチェンジ直前のたたき売り用のモデル末期在庫車はほぼ期待できない。また、オーダーストップ時期も平時よりかなり早めとなるケースが目立っている。新車が欲しくなったら、とにかくディーラーへ足を運び、まずは納期遅延状況、そして改良情報やそれに伴うオーダーストップのタイミングなどを確認し、モデルチェンジを控えたオーダーストップ直前にギリギリ現行モデルで注文をいれるか、早々に次期型を予約発注という形で購入するかなどの判断をセールスマンに相談しながら判断してもらいたい。

あわせて読みたい

控えめに言っても「商品力抜群のいいクルマ」! それでもフィットが売れない「根深い」原因
WEB CARTOP
受注殺到の純エンジンスポーツカーはいつまで買えるのか?【クルマの達人になる Vol.611】
ベストカーWeb
【シュラフ18選】冬キャンプや車中泊で暖かく過ごせる寝袋を厳選
Jeep®
2023年夏頃にデビュー予定の新型ランクルプラド最新情報! 爆発的人気でランクル300のように納期4年以上になるのか?
ベストカーWeb
依然状況変わらずの納期問題 「プレミア価格」覚悟なら大注目の「即納未使用中古車」10選
ベストカーWeb
内なる充実のための“のんびり”を求めて、ドライブ旅へ。Honda ZR-V e:HEV× ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん
antenna*
新車は続々登場するのに「売るクルマがない」! 販売ランキングから読み解く先の見えない新車セールスのいま
WEB CARTOP
「ナンバーワン!」の言葉が何より大切! 11月の新車販売ランキングから読み解く各社の追い込み状況
WEB CARTOP
水産加工会社と製菓店が共同開発!魚を活かしたスウィーツ「いりこっと」誕生
PR TIMES Topics
もう年度末まで2カ月と少し!! 納期遅延中でもねらい目の新車はあるのか!?
ベストカーWeb
台数は前年同月比で大幅プラスも納期遅延はいまだ深刻! 発表された10月の新車販売台数の裏を読む
WEB CARTOP
【ジープオーナーインタビュー】一番高いところを目指して~若月隼太
Jeep®
2022年の新車販売台数は最盛期のわずか54%! それでも「悪くない」といえる事情
WEB CARTOP
タントが2ヵ月連続2位でN-BOXを猛追 まもなくN-BOXが敗れる時が来る? タントが売れた理由と弱点とは
ベストカーWeb
【一〇八抹茶茶廊】爽やかなさくらの香りと、抹茶の優雅な味わいを楽しめる『さくらシリーズ』が登場!
PR TIMES Topics
日産ノート&オーラは短納期? インプレッサは2月か? 国内各社最新販売状況
ベストカーWeb
2022年、乗用車の新車販売台数ランキング 「ノート」「カローラ」を抑えた1位は?
ITmedia ビジネスオンライン
ドライブで訪れる軽井沢の最新スポット! カローラ ツーリング×プロスノーボーダー中村貴之
antenna*
トヨタの…納期が…回復しつつある…?? 「打てる手は全部打つ」年始からトヨタのガチ本気とユーザー側の常識の上書き
ベストカーWeb
走行距離1〜2kmの車両でも「中古車扱い」! 「お得」とは限らない未使用中古車の「落とし穴」
WEB CARTOP
3月から5大ドームツアーも決まっているback number 清水依与吏さんライフスタイル!
UR LIFESTYLE COLLEGE